LINE公式アカウントの機能や費用総まとめ | 基本機能だけじゃない!一歩進んだLINE活用

企業や店舗がユーザーとのコミュニケーションに活用するLINE公式アカウント。

気になる費用やプラン、機能など、LINE公式アカウントを運用するうえで知っておきたいノウハウや活用方法をまとめました。基本機能だけでなく、LINE公式アカウントを軸に、一歩進んだLINE活用で売上拡大・販売促進につなげるアイデアもご紹介します。

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、企業や店舗が開設できるLINEアカウントです。

LINE公式アカウントを通じて、友だち追加してくれたユーザーに様々なメッセージを送信したり、クーポンやLINEチラシの活用で店舗へ送客したりと、ユーザーとの様々なコミュニケーションを創出するサービスとして多くの企業が活用しています。

TIPS:LINE公式アカウントとLINE@

2019年4月18日以降、LINE@を含む、費用や機能が異なる法人向けアカウントが「LINE公式アカウント」として1つに統合されました。

※参照:LINE@のサービス統合の紹介ページ|LINE for Business

LINE公式アカウントの統合のポイントは大きく以下の3つです。

  1. 法人向けアカウントが「LINE公式アカウント」に統一
  2. 料金プランが分かりやすく改訂され、追加メッセージは通数課金に
  3. サービス間の機能差がなくなったことで、これまでLINE@では利用できなかった機能など、さまざまな機能をニーズに合わせて活用することが可能となった
    ※カスタマーコネクト(LINEチャットAPI、LINEコールAPI等)やビジネスコネクト(Messaging API)、LINEログインなどのオプション機能(※要審査)

LINE公式アカウントのプランと料金

LINE公式アカウントにはメッセージの配信通数に応じて、フリープラン・ライトプラン・スタンダードプランの3つのプランが用意されています。これらのプランは、機能面での違いはなく、月単位でのプラン変更(アップグレード・ダウングレード)が可能なため、運用後に柔軟にプランの見直しができます。

費用としては、利用プランに応じた月額固定費に、無料メッセージ配信数を超えた追加メッセージ料金(通数課金)を加算した金額が利用料金となります。

画像引用:LINE

以下のサイトでは、友だち数とメッセージ配信回数の想定値を入力することで、おすすめプランの確認と費用(月額固定費+追加メッセージ費用)の試算ができます。プラン選択や予算に応じた運営の参考に活用できるでしょう。

LINE公式アカウント 通数費用シミュレーター

https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/simulator/

認証済アカウントと未認証アカウント(アカウント種別)

LINE公式アカウントには、上述のプランとは別に、プレミアムアカウント・認証済アカウント・未認証アカウントの3種類のタイプがあります。

認証済アカウントとは、LINEの審査を通過したアカウントのことです。一定基準の審査を通過していることを示す認証済アカウントのバッジ(青色)が付与されるため、ユーザーからの信頼性を高めることができます。また、認証済アカウントであれば、LINEアプリ内の友だち検索結果に表示させることができます。

その他にもLINE公式アカウントでは、「自動友だち追加のデフォルトチェックオン※1」など、申請することで利用できる拡張機能が提供されています。これらの申請※2には前提として、認証済アカウントである必要があります

※1 自動友だち追加のデフォルトチェックオンとは、LINEログイン時の認可画面に表示される友だち追加のチェックをデフォルトでオンにする機能です。ユーザーが能動的にチェックしなくても、ログインフローの中で友だち追加することができるようになります。
※2 LINE Biz Partner Programのパートナー経由での申請が必要
です。

また、後述の「LINEクロスターゲティング」や「LINEミニアプリ」など一部の新サービスは認証済アカウントであることが利用の条件になっています(一部掲載できない業種あり)。

LINE公式アカウントをより効果的に、また、LINEのビジネスプラットフォーム横断での活用を想定している場合は、認証済アカウントを取得することをおススメします。

認証済アカウントの詳細については下記の記事をご覧ください。

LINE公式アカウントの機能

LINE公式アカウントの機能は基本機能とオプション機能に大別されます。基本機能の利用に追加費用はかかりませんが、オプション機能は有料で、別途申し込みが必要です。

新しく追加された機能も含めた基本的な機能については、LINE公式アカウント公式サイトで詳しく紹介されていますので、こちらをチェックしてみてください。

当記事では、LINE公式アカウントをより効果的に活用するために知っておきたい機能をいくつかピックアップしてご紹介していきます。

メッセージ配信

LINE公式アカウントのメイン機能ともいえるメッセージ配信ですが、LINE Official Account Manager(管理画面)上で配信できる基本機能としてのメッセージの他、Messaging APIを活用したメッセージ、友だち以外のユーザーにも重要性や必要性の高いメッセージを配信する通知メッセージなど、様々なメッセージがあります。

LINE Official Accout Manager(管理画面)で配信できるメッセージ

基本機能として提供されているメッセージ配信は以下の通りです。一斉配信の他、みなし属性によるセグメント配信、絞り込み配信等が用意されています。

これらのメッセージは、特別なツールを用意しなくても管理画面から配信することができます。

  • すべての友だちに対して一斉配信
  • 配信メッセージ数を指定して配信配信日時時点の属性情報の推計が可能な友だちからランダムで配信
  • A/Bテストメッセージ配信:複数のメッセージ内容(バリエーション)を作成し、特定の割合のユーザーに配信
  • 絞り込み配信:配信先を「オーディエンス」と「フィルター」で設定しセグメント配信
    • フィルター:性別、年代、居住地(都道府県)、友だち期間、利用しているOSなどLINE上でのユーザー利用動向から推計した”みなし属性”で配信先を絞り込む
    • オーディエンス:「オーディエンス」機能を利用することで、詳細なターゲディングを行う。オーディエンスは、特定のユーザーIDをアップロードするか、事前に配信したメッセージへのレスポンスを元にして作成することが可能。(※ターゲットリーチが100人以上いる場合)

参考:

「オーディエンスの作成・管理機能」のリリースにより、特定の配信先をまとめたグループ(オーディエンス)を作成し、セグメント配信することができるようになりました。オーディエンスは、特定のユーザーIDをアップロードするか、事前に配信したメッセージへのレスポンスを元にして作成することができます。

これにより、自社ECサイトで購入経験がないユーザーIDを抽出しクーポンメッセージを送信したり、配信済メッセージを開封したユーザーを除外し、開封していないユーザーのみにメッセージを送信したりするリターゲティング配信が可能になりました。

Messaging APIを活用した柔軟なメッセージ配信

Messaging APIとは、LINEのアカウントを通じてユーザーとの双方向コミュニケーションを実現するAPI(Application Programming Interface)で、LINE公式アカウントのオプション機能として提供されています。

Messaging APIを活用することで、LINEの管理画面を介さずに、特定のユーザーに向けてパーソナライズされたOne to Oneメッセージの送信が可能です。

また、テキスト、画像、テンプレートメッセージ等様々なメッセージタイプや、複数の要素を組み合わせてHTMLに近い感覚でレイアウトを自由にカスタマイズできるFlex MessageLINEアプリのトークルーム内で動作するウェブアプリの実装ができるLINE Front-end Framework(LIFF)などを組み合わせることで、より柔軟かつ操作性の高いメッセージ配信が可能となります。

Flex Messageによる自由なレイアウトのメッセージ(画像引用:LINE

Messaging APIを利用するには、APIと企業のシステムをつなぐ開発か、同機能を提供する外部ツールの利用が必要となりますが、One to Oneメッセージの配信やより柔軟なメッセージ配信に不可欠な機能となっています。

Messaging APIについては下記記事をご覧ください。

通知メッセージ

「通知メッセージ」とは、LINEに登録されているユーザーの電話番号情報と企業に登録されている電話番号情報をマッチングすることで、友だちとして登録されていないユーザーに対しても重要性や必要性の高いメッセージを配信することができる機能です。

「広告を除く、ユーザーにとって利便性の高い通知」というサービス水準を維持しながら、ユーザーメリットを高める用途に関して、ECや不動産、人材などにおいても活用の幅が広がっています。

例えばメガネ通販のJINSオンラインショップでは、LINE公式アカウントの友だちであるか否かに関わらず、商品を購入したユーザーに対して受注確認のプッシュ通知を行っています。

通知メッセージをきっかけに、LINE公式アカウントの友だち追加やJINS IDとLINEアカウントの連携を促し、ID連携以後は注文確認、出荷完了、店舗受け取り、コンビニ受け取りの際の着荷連絡など、パーソナライズされた情報を届けています

セグメント配信やLINEのメッセージの種類については下記記事をご覧ください。

LINEログインで友だち追加とID連携を促進

なぜID連携が重要なの?

「ID連携」とは、LINEのユーザーIDと自社Webサイト・サービスの会員情報を紐付けることです。

ID連携により、購買履歴や来店情報、SNS ID等のより多くのユーザー情報を一意に紐づけることができるため、様々なチャネルをまたいだ最適なマーケティングアプローチが可能になり、より良い顧客体験の提供につながります。

そのため、LINE公式アカウントを通じてより多くのユーザーと繋がり、セグメント配信など個別のユーザーに向けた最適なコミュニケーションを行うためには、LINEの友だち獲得はもちろんのこと、ID連携率を高めていくことが重要となります。

LINEログインでID連携を促進する仕組みを構築

LINEログインとは、LINEのアカウント情報と自社Webサイト・サービスの会員IDを連携することで、簡単にログイン・会員登録ができるLINE公式アカウントのオプション機能です。

LINEログインは、会員登録やログインフローの中で「友だち追加(自動友だち追加)」と「ID連携」を促進する仕組みを構築することができるため、企業とユーザーとのコミュニケーションにLINEを活用したいというニーズの高まりを背景に注目されています。

LINEログインによる自動友だち追加・ID連携フローのイメージ(画像引用:ソーシャルPLUS

LINEログインによる自動友だち追加機能では、会員登録やログインフローの中で、自社Webサイトやサービスに関心の高いユーザーをLINE公式アカウントの友だちに追加することができます。

また、ID連携により自社サービスユーザーの会員IDとLINEアカウントを紐付け、LINE公式アカウントの友だちが自社データベース上のどの会員なのかを判別できるようになるため、個別のユーザーに向けたセグメントメッセージの配信や、LINEトーク上でユーザーごとに最適化されたサービスの提供が可能となります。

メッセージ配信だけではない!LINE公式アカウントを活用した様々な施策

LINE公式アカウントの活用はメッセージ配信だけではありません。
オンラインでのコミュニケーションだけではなく、実店舗への集客や購買促進など、LINE公式アカウントをコミュニケーションの起点とした様々な施策をご紹介します。

LINEデジタル会員証

LINEを活用したデジタル会員証施策をご存知でしょうか?LINEアプリから手軽に会員証やポイントカードを発行・表示できるため、ユーザーはお店やサービスごとに個別のアプリをダウンロードしなくても、LINE上でポイントカードや会員証を手軽に提示し、サービスを利用できるようになります。

LINEデジタル会員証を実現する方法はいくつかありますが、例えばLINE公式アカウント基本機能の「ショップカード」は来店や購買促進を目的としたクーポン発行に特化した機能で、管理画面から無料で手軽に発行することができます

この他、LINEログインを活用した「デジタル会員証」では、既存の会員データベース、実店舗とWebの会員情報を統合したサービスを提供することができます。

クーポンやスタンプなどデジタルインセンティブ施策

LINE公式アカウントの基本機能として提供されている「クーポン機能」は、無料かつ手軽に導入できる簡易的なクーポン付与機能です。管理画面(LINE Official Account Manager)から設定でき、ユーザーはクーポン画面を提示することで、割引やプレゼントなどの特典を受けられます。

また、「ID連携でクーポンプレゼント」「友だち追加でポイントプレゼント」のようなキャンペーンを見たことはありませんか?このように、アンケート回答やID連携、キャンペーンの応募といったユーザーのアクションに応じたポイントやデジタルインセンティブ施策もあります。

これらのユーザーのアクションに応じたデジタルインセンティブを導入するには、LINEポイントコネクトの利用や、自社ポイントシステムの活用、外部サービスの利用などの方法があります。

予算や目的(誰に対してどんなアクションを取って欲しいのか?)、自社システム環境に合わせて、中長期的に選定するといいでしょう。

リッチメニュー

LINE公式アカウントのトーク画面を開くと画面下部に固定表示されるリッチメニューは、流れていくメッセージと比較して視認性に優れており、CVRが高いといわれています。

リッチメニュー設計の際には、利用してもらいたい導線だけでなく、ユーザーの利便性を高める導線を複数用意することでアクションに繋げるという視点で設計しましょう。

リッチメニューを作成するには、LINE Official Account Manager上で簡単な操作で設置する方法と、LINE Messaging APIを活用する方法の2つがあります。Messaging APIでは、ユーザーごとにリッチメニューを出しわけるなど高度なカスタマイズが可能です。

LINE公式アカウントとLINEビジネスプラットフォーム

LINEはLINE公式アカウントの他にも、LINE広告をはじめとした様々なサービスを提供しています。これらのサービスを横断した活用機会も広がっています。

クロスターゲティングとは?

「クロスターゲティング」とは、「LINE公式アカウント」・「LINE広告(旧LINE Ads Platform)」・「LINE Sales Promotion」の各サービスを通じて取得したデータを横断的に広告配信へと活用することができる機能です。

LINE公式アカウントには、配信メッセージへのアクションデータ(開封やクリック)が蓄積されています。これらのデータを、サービスを横断してオーディエンスデータとしてLINE広告に活用することができます。

  • LINEメッセージ内のリンクをクリックしたユーザーに対してLINE広告でリターゲティング配信
  • LINE公式アカウントの友だちに対してメッセージを配信。メッセージを開封したユーザーを除いてLINE広告を配信し、新規顧客へのキャンペーン告知やブランド認知につなげる
  • LINE公式アカウント内で、メッセージ開封やリンク先へ遷移したユーザーのデータを類似拡張し、LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だち獲得を促す「Cost Per Friends(CPF※)」を配信

※Cost Per Friends(CPF): LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だちを獲得する広告メニュー

LINE広告はセルフサーブ機能が提供されており、目的に応じて各企業や店舗の担当者自身による広告運用が可能です。

LINEミニアプリ

LINEミニアプリとは、多くのユーザーが日常的に使用するLINEアプリの中に、特別な開発をすることなく自社のWebサイトやアプリにかわる機能を開設できるサービスです。ポイントカード機能・クーポン機能・予約フォーム・支払い機能・お知らせ機能が用意されています。

【公式】LINEミニアプリ | LINE for Business

企業や店舗は、LINEミニアプリで予約受付や会員証やポイントカードの発行、支払い機能を提供しながら、LINE公式アカウントを通じて集客やリマインドなどの各種メッセージを配信できるため、ユーザーとの様々なコミュニケーションをLINEに集約することができます

さいごに

LINE公式アカウントを活用した施策では、ユーザー一人ひとりにあわせたパーソナライズ対応をすることでLTVを高めていくことがポイントとなります。

そのためにも、LINEのビジネスプラットフォームや提供サービスの理解を深めつつ、それらを自社にとりいれることでどんなメリットや効果があるのか、そしてその費用対効果についてしっかりと検討した上でLINEの活用施策を検討していきましょう。

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」はID連携を強みとする、LINEを活用したCRM・ソーシャルログインサービスです。会員IDとプラットフォームのIDを自然に連携し、顧客データに基づいたメッセージ配信等のCRM施策を実現可能にします。

「LINE Biz Partner Program」(※)においてTechnology Partner および Sales Partnerに認定されており、LINEログインによるID連携や自動友だち追加の導入など、LINEのAPIと連携した技術開発やサービス提供を行っております。多くの企業様のLINE活用をサポートさせていただく中で、LINEに関する仕様からLINEを活用したマーケティング施策のトレンドまで最新情報のキャッチアップを積極的に行っております。LINEを活用した企業のOne to Oneコミュニケーションに関して不明な点などお気軽にお問合せください。

◆ソーシャルログインを手軽に導入!
LINEやYahoo! JAPAN、Appleなど、6種のプラットフォームに対応しています。
詳細はこちら:https://socialplus.jp/tour/

◆LINE公式アカウントのCRM活用に!
LINEログインを活用したCV導線の簡略化から、友だち追加の促進、会員情報に応じたセグメント配信に至るまで、ユーザー体験を重視したご提案が可能です。
詳細はこちら:https://socialplus.jp/line/

ShopifyとLINEの連携活用なら、無料プランからスタート可能!
Shopifyをご利用の場合、Shopifyアプリ版「ソーシャルPLUS」をインスト―ルしてご利用いただけます。
詳細はこちら:https://socialplus.jp/shopify_app/

※LINE株式会社が提供する各種法人向けサービスの販売・開発を行う広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するパートナープログラム

(執筆:松元、編集:大西)

タイトルとURLをコピーしました