LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントの認証済アカウントとは?メリット・申請方法を解説

認証済アカウントの取得には審査が必要ですが、青色バッジの付与や友だち追加広告の出稿、通知メッセージなどの拡張機能の申請など多くのメリットがあります。「認証済アカウント」と「未認証アカウント」にはどんな違いがあるのか、認証済アカウント取得のメリットや申請方法について紹介します。
LINE活用の基礎知識

APIを利用してリッチメニューを個別配信する方法~PostmanによるAPI実行も解説

ソーシャルPLUSのリッチメニューAPIの活用で、自社会員データベース内のユーザーの属性情報や行動履歴などのデータにあわせたリッチメニューの個別配信が可能です。リッチメニューAPIでどんなことができるのか、メリット・デメリット、API実行ツール「Postman」を利用したリッチメニューの配信方法をご紹介します。
事例

定期購入(サブスク)でのLINE公式アカウント活用事例

LINE公式アカウントを活用して定期購入(サブスク)の購買体験を向上し、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)アップや解約率低下につなげるアイデアと、実際にLINE活用で購買体験を向上させている事例をご紹介します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】特定のクーポンを使って購入した顧客にタグ付けをする方法

Shopify Flowを使って自動で「特定の条件を満たした顧客にタグを付与する方法」を紹介します。Shopifyでは顧客タグで顧客データに追加情報を付与できます。付与したタグでユーザーを絞り込んだり、LINEのセグメント配信にも活用できます。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントの効果をGoogle Analyticsで計測する方法

LINEの効果を計測する方法として、LINE Official Account Managerの分析機能とGoogle Analyticsでの計測方法を解説します。Google Analyticsでは流入経路やセッション時間、直帰率、CVや売上金額など、より詳細の計測が可能です。
2022.09.05
LINE活用の基礎知識

売上UPに効く!タブ化や出し分けなどリッチメニュー有効活用法

リッチメニューは無料で利用できる上、カスタマイズ性が高く、上手く活用することで売上増につながる施策の一つです。効果的な設置方法や、タブ型リッチメニューでタップ領域を増やしたり、ユーザー属性にあわせたリッチメニューの出し分けなど、リッチメニューの有効活用方法を紹介します。
2022.09.05
課題解決

LINE Messaging APIを使って複数のツールを併用する方法 

一般的なLINE公式アカウント関連のツールはパートナー用の特殊なAPIを使わない限り併用することができません。ただし一定の条件を満たすツールであれば他のツールとの併用が可能になります。一般的なツールは何故、併用が出来ないのか、どんなツールであれば併用できるのかを解説します。
事例

5年でLINE経由の売上が4倍に!「ひかりTVショッピング」のLINE公式アカウント活用~運用体制・KPI設計・効果的なメッセージ配信とは?

5年でLINE経由の売上が4倍になった「ひかりTVショッピング」ではLINE公式アカウントをどのように活用されているのか?運用体制やフェーズごとに変化してきたKPI設計、セグメント配信などメッセージ配信活用事例、ID連携を活用した各種施策、今後の注力施策などをご紹介いただきました。
2022.09.05
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウント・LINE広告を活用するなら知っておきたい正式名称・ロゴ利用ルール

LINEおよびLINE関連サービスのロゴ・アイコンなどを使用する場合(LINE公式アカウント開設の告知バナーなど)は、LINE社の定めるガイドラインを遵守する必要があります。特に見落としやすいポイントを中心に、LINEのビジネス活用するなら知っておきたい正式名称・使用ルールを紹介します。
2022.08.17
事例

LINE社が語る!LINE公式アカウント活用のためのID連携とLINEログイン~「NTTぷらら&LINEに学ぶ、”お客様の心をつかむ”メッセージ配信の極意」セミナーレポート前編

本セミナーレポート(前編)では、LINE株式会社熊田様によるセッション「第一部 LINE最新トレンドとID連携の仕組みをおさらい」をご紹介。LINEログインで有効友だち数が約16倍になった事例や、デジタル会員証とセグメント配信でEC売上が5倍以上になった事例も交えながらご紹介いただきました。
2022.06.27
タイトルとURLをコピーしました