LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウント・LINE広告を活用するなら知っておきたい正式名称・ロゴ利用ルール

LINEに関連するオンライン上の告知物など全ての素材(LINE公式アカウント開設の告知バナーなど)は、ガイドラインの遵守・事前にLINE株式会社の広報窓口に確認する必要があります。特に見落としやすいポイントを中心に、LINEのビジネス活用するなら知っておきたい正式名称・ルールを紹介します。
事例

LINE社が語る!LINE公式アカウント活用のためのID連携とLINEログイン~「NTTぷらら&LINEに学ぶ、”お客様の心をつかむ”メッセージ配信の極意」セミナーレポート前編

本セミナーレポート(前編)では、LINE株式会社熊田様によるセッション「第一部 LINE最新トレンドとID連携の仕組みをおさらい」をご紹介。LINEログインで有効友だち数が約16倍になった事例や、デジタル会員証とセグメント配信でEC売上が5倍以上になった事例も交えながらご紹介いただきました。
課題解決

Messaging APIチャネルと外部ツールを連携する方法

Messaging APIチャネルを有効化し外部ツールと連携する方法やつまづきがちなポイントの解消法について解説します。LINE公式アカウントのオプション機能であるMessaging APIの利用で、セグメント配信やリッチメニューの出し分けなど、より柔軟なコミュニケーションができるようになります。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】定期購入の決済日案内をLINEで送る方法

定期購入(サブスク)において決済日の通知は重要ですが、Eメールだとうっかり見落としたりアーカイブしてしまったり……そんな課題の解決のためにLINE活用を行っている企業もあります。本記事では、次回決済日の案内をLINEで送る方法を紹介します。LINE配信には弊社ソーシャルPLUSのShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」、定期購入にはハックルベリー社のShopifyアプリ「定期購買」、ワークフロー自動化には「Shopify Flow」を利用しています。
2022.06.10
Shopify連携

Shopifyのカゴ落ち配信をLINEで送ったらCVRがメールの約7倍だった

Shopifyのカゴ落ち配信をLINEで送った結果、クリック率・購入率ともにメールよりも高く、弊社が当初想定していたよりも高い数値だったので記事にしました。カゴ落ちLINEのCTRはメールと比較して5倍〜10倍高く、CVRも配信対象が増えるほど上がる結果に。
LINE活用の基礎知識

LINE(リンクやリッチメニュー)から外部ブラウザを開かせる3つの方法

LINE公式アカウントのメッセージ内のリンクやリッチメニューのリンクから、外部ブラウザを開く3つの方法を紹介。さらに目的に応じ適切な使い分けができるようアプリ内ブラウザと外部ブラウザのそれぞれのメリット・デメリットを解説します。
課題解決

LINE配信ツールの選び方~メッセージ配信の費用対効果シミュレーションあり

機能比較だけでは見落としがちなLINE配信ツール選定のポイントやツール併用時の注意点についてまとめました。LINEのメッセージ配信の費用対効果シミュレーションを参考に、自動化やセグメント配信、チャットによる顧客対応など、効果を最大化するためのツール導入のポイントを紹介します。
Shopify連携

ShopifyでのLINE配信、「顧客タグ」をどう使う?タグの自動付与の方法は?【ここが知りたい!Shopify-LINE連携シリーズ】

「ここが知りたい!Shopify‐LINE連携シリーズ」第二弾です! 世界的に利用者が増加しているコマースプラットフォーム「Shopify」と、店舗・ECのお客様とのCRM接点として活用が進む「LINE」の連携活用が、昨今多...
2022.04.22
Shopify連携

【Shopify Flow活用】他社アプリのメタフィールドへデータの型を変換して投入する方法

Shopifyのアプリ間でデータの持ち方が異なる場合「Shopify Flow」でデータ型を変換して引き渡すことができます。具体例として「CRM PLUS on LINE」から「Customer Account Fields」のメタフィールドへデータを集約した例を解説します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】LINE連携した人のみ利用可能なクーポンコードをLINEで送る方法

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」と自動応答メッセージを活用し、「LINE連携」をトリガーにクーポンコードを自動送信する方法を解説します。「Flex Message」を使って具体的なクーポンのメッセージ作成についても紹介します。
タイトルとURLをコピーしました