LINE活用の基礎知識

LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントのあいさつメッセージ 目的別設定ガイド〜ブロック防止からアクション促進まで効果的な設定例を解説

LINEあいさつメッセージは、ユーザーがLINE公式アカウントを友だち追加すると自動的に送られる最初のメッセージです。本記事では、あいさつメッセージの特徴や設定のコツ、ブロック防止やアクション促進など目的別のあいさつメッセージ設定例をご紹介していきます。
LINE活用の基礎知識

LINEミニアプリとLIFFアプリ、ユーザー・事業者目線での違いや採用メリットをわかりやすく解説

導入検討時に気になるポイントに、端的に回答します!「そもそもLIFFアプリ・LINEミニアプリって?Webブラウザで開かせる場合と比較したメリットは?」「LINEミニアプリとLIFFアプリ、ユーザー目線で何か違いはある?」「導入前に知っておきたい留意点は?」など、ぜひご一読ください。
LINE活用の基礎知識

Flex Messageで自由にカスタマイズしたLINEのメッセージを配信しよう!

Flex Messageとは、ボタン・画像・動画・アイコン・テキストなどのレイアウトを自由にカスタマイズできるLINEのメッセージで、Messaging APIを利用して送信できます。Flex Messageで作成できるメッセージの例や構成要素など基本をおさえつつ、Flex Messageの作成方法を解説します。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウント(LINE Official Account Manager)とLINE Developersの権限管理について

LINE公式アカウントやLINE Developersのアカウントや権限管理ってどうすればいいの?そんな疑問を解決します!アカウントの共有をおすすめしない理由や、LINE Official Account ManagerとLINE Developersの権限付与の手順、注意点などを解説します。
LINE活用の基礎知識

LINEビジネスIDの作成方法と注意点を解説|LINEアカウントで登録する方法とメールアドレスで登録する方法とでは何が違う?

LINEビジネスIDとは、LINE Official Account Manager や LINE Developers などの各種管理画面にログインができる共通認証システムです。LINE公式アカウント運用者が知っておくべき「LINEアカウント」「メールアドレス」それぞれのアカウントでの登録方法や注意点を詳しく解説していきます。
LINE活用の基礎知識

LINE TagはLINE公式アカウントでどう活用できる?設置方法からセグメント配信への応用まで解説

LINE Tagとは、ユーザーのサイト上でアクションを計測し、LINE公式アカウントやLINE広告で実施した施策の効果測定ができる機能です。この記事では、LINE公式アカウント運用担当者を対象に、LINE Tagの仕組みや設置方法、サイト上の訪問データを用いたセグメント配信の方法など実践的な活用方法をご紹介します。
LINE活用の基礎知識

LINEプロモーションスタンプを制作する方法

「LINEプロモーションスタンプ」の制作方法を一挙解説!自社キャラクターで制作する際の具体的な工程やクリエイターコラボで制作する方法のほか、プロモーションスタンプ出稿後のLINE公式アカウント活用のポイントもご紹介します。
LINE活用の基礎知識

LINEプロモーションスタンプとは?種類、費用、特徴を解説

ブランド認知や友だち追加などの広告効果を目的に活用される「LINEプロモーションスタンプ」。4種類のプロモーションスタンプ(スポンサードスタンプ、ダイレクトスタンプ、CPDスタンプ、ミッションスタンプ)それぞれの特徴や活用メリット、ターゲティングのポイント、費用について解説します。
LINE活用の基礎知識

非エンジニアが知っておきたいLINE公式アカウントのWebhook、Webhook URLとは?

「ユーザーが友だち追加した」などのLINE公式アカウントにイベントが発生すると、自動で通知をしてくれるしくみがWebhookです!本記事では「Webhookでできることは?」「外部ツールとどう連携するのか?」「使う場合の注意点は?」などを中心にそのしくみを詳しく解説していきます!
LINE活用の基礎知識

SMSとLINE通知メッセージはどう違う?メリット・デメリットを解説

電話番号あてにメッセージを送信できる特徴をもつ「SMS(ショートメッセージ)」と「LINE通知メッセージ」の二つのサービスについて、リーチできるユーザー、広告利用の可否、デザイン、料金など特徴や違いを比較しながら詳しく解説していきます!
タイトルとURLをコピーしました