LINE公式アカウントの認証済アカウントとは?メリット・申請方法を解説

LINE公式アカウントには、プレミアムアカウント・認証済アカウント・未認証アカウントの3つのアカウントタイプがあります。

認証済アカウントの取得には審査が必要ですが、認証済アカウントでなければできないこともあります。

「認証済アカウント」と「未認証アカウント」にはどんな違いがあるのか、認証済アカウント取得のメリットや申請方法について紹介します。

LINE認証済アカウントとは?(アカウントタイプ)

LINE公式アカウントには、プレミアムアカウント・認証済アカウント・未認証アカウントの3つのアカウントタイプがあります。

LINE公式アカウント:3つのアカウントタイプ
画像引用:LINE Business Guide 2022年10月-2023年3月期 P19

認証済アカウントと未認証アカウントとの違い

認証済アカウントのバッジ(青色)が付与される

認証済アカウントは、LINE社の一定基準の審査を通過したアカウントで、認証済アカウントのバッジ(青色)が付与されるため、ユーザーからの信頼性を高めることができます。

LINE認証済アカウントのバッジ(青色)が付与
(画像引用:https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/verified-account/)

LINEアプリ内の検索対象になる

認証済アカウントであれば、LINEアプリ内の「友だち」検索結果に表示されるので、ユーザーはLINEアプリから直接お気に入りのショップ・サービスを検索し、LINE公式アカウントを追加できます

ユーザーのタイミングでLINEアプリからいつでも友だち追加できるよう、「友だち」検索結果に表示される認証済アカウントの取得をおすすめします。

尚、運用開始前などで自社のLINE公式アカウントを検索結果へ表示させることを希望しない場合は、表示を一時的にオフにすることも可能です。

「友だち追加広告」が利用できる

「友だち追加広告」はLINE公式アカウントの友だち獲得を目的とした広告です。多くのユーザーが利用しているトークリスト、LINE VOOM、LINE NEWSにLINE広告を配信し、友だち追加を促すことができます。

これまで自社サービスとの接点のなかった新規ユーザーに広告を配信し、友だち獲得につなげたい場合、広告利用を検討することもあるかと思います。

認証済アカウントであれば、LINE公式アカウントの管理画面(Web版)から「友だち追加広告」機能を利用して、「LINE広告(友だち追加)」を出稿できます

LINE友だち追加広告

他にも、LINE公式サイト(LINE for Business )では、認証済アカウントでできることとして以下が紹介されています。

  • LINEのキャラクター入り販促用ポスターをダウンロード・利用できる
  • 請求書決済が利用できる

認証済アカウントだからできる拡張機能の申請

LINE公式アカウントには基本の機能以外にも、申請をすることで利用可能になるオプション機能があります。

これらのオプション機能は、認証済アカウントを対象に、LINE Technology Partner 経由で申請し、LINE社の審査に通過することで利用可能となります。いくつかご紹介します。

LINE通知メッセージ

「LINE通知メッセージ」とは、LINEに登録されているユーザーの電話番号情報と企業が保有する電話番号情報をマッチングすることで、友だちとして登録されていないユーザーに対しても重要性や必要性の高いメッセージを配信することができる機能です。

通知メッセージの利用に必要な申請を行うには認証済アカウントである必要があります。

LINE通知メッセージ(発送完了通知・購入完了通知。申込完了通知)
LINE通知メッセージ(発送完了通知・購入完了通知。申込完了通知)

自動友だち追加のデフォルトチェックオン

認証済アカウントであれば、友だち追加のチェックをデフォルトでオンにする機能(自動友だち追加機能)の申請が可能です。

自動友だち追加機能とは、友だち追加のチェックをデフォルトでオンにする機能で、LINEログインを利用した会員登録・ログインフローの中で、自然にLINE公式アカウントの友だち追加ができます

LINEログインによる自動友だち追加・ID連携フローのイメージ
LINEログインによる自動友だち追加・ID連携フローのイメージ

通常は、LINEログイン時の認可画面に表示される友だち追加のチェックがデフォルトでオフになっているため、ユーザーにチェックしてもらうことではじめて友だち追加が完了します。

一方、友だち追加のチェックがデフォルトでオンになっていれば、ユーザーがわざわざ「友だち追加」をチェックするアクションが不要となるため、より効果的に友だち追加を促進できるようになります。

LINE Profile+(LINE プロフィールプラス)

Profile+とは、ユーザーがあらかじめLINEアプリ上に登録しておいた氏名や性別、生年月日、住所の情報を、ユーザーの意志に基づき、Profile+に対応した外部サイトのフォームに自動でフィルインできる機能です。

ユーザーのフォーム入力のハードルを下げ離脱を防ぐことによって、会員登録率やCVRを向上させることができます。

LINE Profile+の利用に必要な申請も認証済アカウントである必要があります。

認証済アカウントの申請方法

認証済アカウントを申請するには、LINE公式アカウント開設時に申請、もしくはLINE公式アカウント管理画面(LINE Official Account Manager)から申請できます。

審査は、LINE公式アカウントガイドラインをもとに行われます。

①LINE公式アカウント管理画面>右上「設定」>アカウント>情報の公開>認証ステータス

「アカウント申請をリクエスト」を押下

LINE認証済アカウントの申請方法
画像引用:https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/verified-account/

②必要事項を入力し、申請

  • 審査を通過するためにも不備のない情報登録(メールアドレス・電話番号・氏名)を行いましょう。
  • アカウント名は認証審査終了後に変更できません。正式名称を設定しましょう。
  • アカウント名は検索対象のキーワードになります。

③審査

  • 通常、土日祝日を除いた10営業日前後を要しますが、申し込みが多い場合は、通常よりも時間がかかることがあります。
  • 登録されているメールアドレスまたは電話番号あてに審査の連絡がある場合があります
  • 審査を通過できなかった場合は、不備のある箇所を訂正し、再申請が可能です。

認証済アカウント申請の注意点は公式サイトで詳しく案内されていますので、こちらも併せてご確認ください

さいごに

LINE公式アカウントの認証済アカウントは、さまざまなメリットがある上、無料で申請できます。

特に、LINE公式アカウントをより効果的に運用していく際に必要となる拡張機能の申請には「認証済アカウント」である必要があることから、「認証済アカウント」の申請をおすすめします。

「ソーシャルPLUS」について

LINEを活用したCRM・ソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」では、LINEログインを活用したCV導線の簡略化から、友だち追加の促進、会員情報に応じたセグメント配信に至るまで、ユーザー体験を重視したご提案が可能です。

LINE株式会社の開発・販売のパートナーにも認定されているため、LINE公式アカウントを活用したCRMの導入サポートも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

詳細はこちら:https://socialplus.jp/line/
お問合せはこちら:https://socialplus.jp/inquiry/

タイトルとURLをコピーしました