LINE公式アカウントの友だち数・ターゲットリーチを効率的に増やすポイント

LINE公式アカウントで有効友だち数を効率的に増やす~成功事例に学ぶコツとは?

多くの企業や店舗がユーザーとの様々なコミュニケーションにLINE公式アカウントを活用しています。
メッセージの送信、クーポンやLINEチラシの活用で店舗へ送客、チャットを利用したカスタマーサポート、リッチメニューを自社サービス利用の導線に活用と、LINE公式アカウントの運用を軸としたコミュニケーションは多岐にわたっています。

LINE公式アカウントの運用を行う中で、まず最初に重要となるのは、いかにコミュニケーション可能なユーザー、つまり友だちを増やしていくか?ということではないでしょうか。

本記事では、友だちがなかなか増えない…友だちが増えてもブロック率が高くて困っている…という方に向けてLINE公式アカウントの友だち・ターゲットリーチを増やす方法をご紹介します。

LINE公式アカウントの友だちを増やすための5つのポイント

友だち追加用QRコードや友だち追加ボタンを利用

LINE公式アカウントの管理画面から、「友だち追加ボタン」や「友だち追加URL」、「友だち追加用QRコード」が取得できます。

設置する場所やシーンにあわせて、ユーザーが簡単にアクションできる手段として、どの導線が最適かを考慮しながら使い分けを行いましょう。例えば、店頭ではPOPや掲示物で「友だち追加用QRコード」を掲示し、Webサイトやブログ、メルマガでは「友だち追加ボタン」や「友だち追加用QRコード」「友だち追加URL」を掲載するという使い分けも考えられます。

この時、「友だち追加でお得なクーポンGET!」「友だち追加で簡単注文」といったインセンティブ、メリットもあわせて提示できると効果的です。

画像引用:LINE

「友だち」ならではのインセンティブを用意する

ユーザーの動機づけになるような、友だち追加することのメリット・インセンティブを用意し、魅力的に提示しましょう。

ただし、クーポンを取得するためだけの友だち追加では、すぐにブロックにつながってしまうことは想像に難くありません。重要な点は、一時的なインセンティブだけでなく継続的に繋がり続けることのメリットを提供することです。

  • 友だちだけが受け取ることのできるコンテンツ、メッセージがある
  • 友だち追加することでLINEアプリを通じて手軽にサービスを利用することができる

LINE広告の活用

LINE広告はLINEの各種サービスに広告を配信することができるサービスです。LINE広告には、友だち獲得を目的とした広告や、自社の友だちに類似した新しいユーザーにリーチできる広告などユニークな広告が提供されています。

LINE広告を活用する最大のメリットは、多くのユーザーが利用しているLINE NEWS面やLINEアプリのタイムライン面、トークリストの最上部であるSmart Channel面に広告を配信することで、友だちを獲得する接点を大幅に増やすことができるという点です。

友だち追加広告(CPF、Cost Per Friends)

「友だち追加広告(CPF、Cost Per Friends)」とは、 LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だちを獲得する広告商品です。2019年11月よりLINE公式アカウントの管理画面上(Web版)から出稿できるようになり、以前と比べて手軽に利用できるようになりました。

また、友だち追加広告は(CPF)は、実際に友だち追加された件数に応じて課金されるので、比較的安価に広告施策を実施できることもメリットです。

LINEクロスターゲティング

LINEのクロスターゲティングとは、LINEポイントADやLINE公式アカウントで取得したデータ(メッセージの開封やクリックデータや属性情報[性別、年代、居住地域など])をLINE広告の配信に利用することができる機能です。

既に友だちとなっているユーザーに近い属性のLINEユーザーに対して友だち追加の訴求を行い、友だちを効率的に獲得することができます

例えば、LINE公式アカウントのメッセージのリンクをクリックしたユーザーに類似したユーザーへの広告配信(拡張配信)を行うことで、エンゲージメントの高いユーザーの獲得が期待できます。

友だち追加経路を分析し、施策を改善する

LINE公式アカウントの管理画面では、友だち追加経路が確認できるダッシュボードが用意されており、ユーザーが友だち追加した経路の確認ができます。※2020年3月15日以降に追加された友だちをカウント ※最大90日間が選択可能

友だち追加経路を確認することで、効果のよい導線を強化したり、逆に友だち追加に繋がっていない導線の改善を行うためのヒントを得ることができます。

分析可能な友だち追加経路一覧: 分析 – 友だち | LINE for Business

LINEログインの活用で、登録・ログインフローの中で友だち追加を促進

意外と知られていませんが、LINEログインと自動友だち追加機能を自社サイトに導入することで、LINEの友だち数を増やすことができます

「LINEログイン」はソーシャルログインのひとつで、LINEのアカウントを利用してサイトやアプリへのログインや会員登録ができる機能です。

LINEログインを活用したサイトやアプリでは「自動友だち追加機能」との併用により、会員登録やログインフローの中で企業のLINE公式アカウントを友だち追加してもらうことができます。

会員登録・ログインフローの中で自然に友だち追加も促せるため、特にインセンティブ等を付与しなくても友だち数が増えていきます

LINEログインを利用した自動友だち追加のイメージ

また、元々会員登録・ログインしようとしているユーザーが自然に友だちとして繋がってくれるのも、スタンプ等での友だち集めとは一線を画するメリットと言えるでしょう

事例「BOOK☆WALKER」:LINEログイン導入から1年で友だち数は8倍、ID連携率も20%→60%に

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER(https://bookwalker.jp/)」は、電子書籍サービス、スマホと相性の良いLINEで、ログインから決済まで一貫して行える仕組みを実現するために、LINEログインと自動友だち追加機能を、決済手段としてLINE Payを導入されました。

その結果、導入から1年で友だち数は8倍、ID連携率は2.5倍、20%→60%に増加しました。

そもそもLINEログインの導入を検討し始めたのは、LINE公式アカウントの友だち数を増やしたかったからでした。そのために、自動友だち追加機能が効果的なのではないかと考えたんです。

LINEログインと自動友だち追加機能を併せて導入すると、自社サイトを利用するユーザーがLINEログインを利用して会員登録する流れの中で、自然に友だち追加まで完了できます。

新規会員登録からログイン、決済までをLINEというサービスで一気通貫して行えるというのは、ユーザーにとってすごく便利だと思うんです。無料キャンペーン等、ユーザーからの反応が大きい施策を行ったタイミングでLINEログインの利用者数も一緒に増加する傾向にあるので、ユーザーにとって便利な選択肢を提供できているな、と感じています。

引用:https://socialplus.jp/case/bookwalker_line

友だちを増やすだけで大丈夫?ブロックを回避してターゲットリーチを広げよう

「様々なキャンペーンの結果、友だちは増えたけど、ブロック率が高くて、、、、」という課題をもつ企業は少なくありません。単に友だちを増やすだけではなく、ブロック率を下げながらターゲットリーチを広げていくことが重要です。

ターゲットリーチ数=LINEでの発信力!?

ターゲットリーチとは、性別、年代、エリアでのメッセージの送信対象となる友だちのことです。

以前は、全体の友だち数からブロック数・友だち解除数を差し引いたものを有効友だちとし、配信対象としていましたが、現在は、有効友だちの中でも、性別や年代、エリア等のみなし属性が推定可能なユーザーを「ターゲットリーチ」と定義し、LINEメッセージを配信できる対象となっています

つまり、ターゲットリーチ数=LINE公式アカウントでのメッセージ配信が可能な人数となるので、まずは、情報発信が可能なターゲットリーチ数を増やしていかなくてはいけません。そのためには、友だち追加数を増やし続けることはもちろん、ブロック・友だち解除数をできるだけ少なくする必要があります。

ターゲットリーチ数を増やすために重要なこと

どうすれば、ターゲットリーチを増やし、効果的なマーケティングへとつなげることができるのでしょうか?

最も重要なのは、LINE公式アカウントと繋がりつづける(友だちとなっている)ことで、ユーザーがメリットを感じることができるかということです。

そのためにはLINE公式アカウントの運用を単体で考えるのではなく、LINE公式アカウントをコミュニケーションの入り口としていかに便利なユーザー体験を提供できるかを考える必要があります

事例「アコーディア・ゴルフ」:導入後5ヵ月で、LINE公式アカウントの友だち数は0人から10万人に。ID連携率は60%まで向上

アコーディア・ゴルフ公式サイト(http://www.accordiagolf.co.jp/)では、LINEログイン機能や自動友だち追加機能、LINEの会員証(ポイントカード)を導入し、LINE公式アカウントへの友だち追加とID連携済の会員に対して、LINEで簡単にゴルフ場の予約やチェックインができる便利な顧客体験を提供しています。

  • LINE公式アカウントとLINEログインを導入し、LINEアプリ上からQRコードの会員証を表示するだけでゴルフ場にチェックインできる仕組みを実現
  • 会員証表示は、LINE公式アカウントのリッチメニューを押すだけで可能
  • 利用したゴルフ場ごとのお得な情報等を、LINEで受取可能に
  • LINE限定クーポンの配布

お客様にとっては、LINEアプリ上から手軽にチェックインできるだけでなく、オンラインでのゴルフ場予約をより簡単に行えるというメリットもあります。LINEログインを利用すれば、予約しようと思った時にわざわざID・パスワードを入力する必要がありません。

また、ご利用いただいたゴルフ場に合わせた限定キャンペーン情報等もLINEで確認可能になるので、お得な情報を見落とす可能性も低くなるはずです。

LINEログインを利用して簡単に友だち追加・ID連携ができ、ポイントカードを携帯しなくてよくなるメリットを感じていただけているからこそ、ここまで友だち追加・連携数が増えてきているのだと思います。

引用:「カジュアルで楽しいゴルフライフ」を届けたい!予約からチェックインまでLINEで実現する、シームレスな顧客体験

まとめ

LINE公式アカウントの友だちを増やす施策を検討する際、LINE公式アカウントをコミュニケーションの入り口としていかに便利なユーザー体験を提供できるかというのが重要になってくると思います。

以下の記事では、顧客の利便性を高めながら実現するLINEを活用したCRM施策事例、LINEのCRM活用の特徴やポイントについてご紹介しています。是非あわせてご覧ください。

(執筆:松元、編集:大西)

タイトルとURLをコピーしました