LINE友だち追加広告とは?友だち追加後にブロックされないLINE公式アカウント活用方法も

LINE公式アカウントの友だちを増やすことを目的とした「友だち追加広告」をご存知ですか?

LINE公式アカウントの友だち数を増やすには、企業のウェブサイトや店舗のPOP、メルマガやSNSで告知して友だち追加を促す方法が基本ですが、他にも「友だち追加広告」を活用する方法があります。

当記事では、「友だち追加広告」の特徴やメリット、出稿金額や実際の出稿方法、広告配信時のポイントに加え、友だち追加後のLINE公式アカウントの活用方法をご紹介していきます。

LINEの友だち追加広告(CPF)とは

友だち追加広告は、 LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だち獲得を目的とした広告商品です。「エリア」や「性別」、「年齢」、「興味関心」などでターゲティングできることから関心度の高い友だち獲得が見込めます。

ディスプレイ広告やリスティング広告とは違い、友だち追加がコンバージョンポイントになります。計測できる主な数値は、インプレッション、クリック数(友だち追加数)とシンプルなので、広告運用経験がなくても取り組みやすい広告商品になっています。

また広告配信後は、LINE公式アカウントから友だち追加広告経由の友だちを対象に、絞り込み配信を行うことができます。
キャンペーンメッセージや、会員登録を促すメッセージなど、友だち追加を起点にしたメッセージ配信のストーリーを設計して実行することが、新規売上獲得や新規会員獲得にもつながります。

友だち追加広告とLINEポイントFriends AD、LINEプロモーションスタンプとの違い

LINE公式アカウントの友だちを増やすための広告メニューは、「友だち追加広告」以外に、LINEポイント付与をインセンティブに友だち追加を促す「LINEポイントFriends AD」やスタンプショップからのスタンプダウンロードをフックに友だち追加を促す「LINEプロモーションスタンプ」などがあります。

LINE広告の各友だち追加施策の概要や特徴、主な違いは以下となります。それぞれの特徴や用途・目的によって使い分けるとよいでしょう。

LINEポイントFriends ADLINEプロモーションスタンプ(例:スポンサードスタンプ)友だち追加広告
概要スライド読了や動画視聴など特定の条件をクリアしたユーザーにLINEポイントを付与できるサービスです。ポイント付与時に友だち追加も促すことができます。スタンプショップでスタンプを告知して、ユーザーに無料または条件付きで提供しているスタンプ施策です。スタンプダウンロード時に友だち追加を促せます。LINE公式アカウントの友だちを獲得する為にLINEアプリ内に広告を出せます。
実施料金200万円~

クリエイティブ制作費、開発費用は別途
3,500万円~

スタンプ制作費は別途
任意(1万円~)

クリエイティブ制作費は別途
想定友だち追加数200万25万費用に応じて変動
想定友だち追加単価目安@8円~20円程度@18円程度@200円程度
想定ブロック率70%60%25%

LINEポイントFriends ADやスポンサードスタンプは、200万円~数千万円と費用がかかりますが、短期間に友だち数を大きく増やすことができる施策です。

反面、LINEポイントや、スタンプ目的での友だち追加も多いため、時間がたつにつれLINE公式アカウントのブロック数が増えていくのが特徴です。
スタンプ施策の場合、スタンプをきっかけに追加された友だちの平均60%程度が、1か月以内にブロックする傾向があります。

一定のブロックは許容しつつも、ブロックをせず残る多くの友だち数が見込めるため、これまでリーチできなかった潜在顧客のLINE公式アカウントへの集客を目的とした施策として有効です。

一方、友だち追加広告は、1万円から出稿可能で比較的導入しやすく、ポイントやスタンプなどのインセンティブ目的の友だち追加でないので、貴社のブランドや商品・サービスに関心のある友だちを獲得できるのが特徴です。

友だち追加広告(CPF)の仕様と活用のポイント

広告予算

友だち追加広告は、従量課金モデルの運用型広告となり、1万円から出稿が可能です。

友だち追加の最低設定価格は入札方法によって異なります。入札方法は「自動入札」と「手動入札」の2種類です。友だち追加広告の最低設定価格は、自動入札の場合75円、手動入札は友だち追加ごとに課金の場合50円、インプレッションごとに課金(CPM)の場合200円です。

友だち追加ごとに課金の場合は、獲得したい友だち追加数を目安に出稿広告予算を設定します。

実際の友だち追加単価は、ターゲティングや日予算、入札金額とクリエイティブの品質などによって変わってきます。目安としては@200~400円程度になります。

ターゲティング

種類

LINE公式アカウントの友だちを増やすための広告配信は2種類あります。「LINE広告」から配信する「友だち追加広告」と「LINE公式アカウント」から配信する「友だち追加広告」です。

参考:LINE広告の友だち追加 予算の立て方から効果的な運用方法を解説
https://www.lycbiz.com/jp/column/line-ads/technique/cpf/

大きな違いはターゲティング機能にあります。

「LINE広告」の友だち追加は「オーディエンス配信」が活用できます

「LINE広告」からの友だち追加広告で利用できるターゲティングを以下でご紹介していきます。

セグメントを指定して広告を配信する「オーディエンスセグメント配信」

LINE独自のみなし属性による年齢・性別・地域・OS・興味関心などでターゲティングし、条件に合致したユーザーに配信ができます。

サイト内行動などのデータを活用して広告を配信する「オーディエンス配信」

自社サイトでユーザーがとった行動データをもとにオーディエンスを作成して、広告を配信します。

たとえば、購入後のサンクスページに来訪したユーザーをターゲティングし、購入履歴のあるユーザーに広告を配信したり、逆に購入履歴があるユーザーオーディエンスを除外して広告を配信することができます。

サイト内のデータを基にオーディエンスを作成する場合、事前に「LINE Tag」というタグをサイトに設置する必要があります。

似ているユーザーを新たに探し出し、広告を配信できる「類似配信」

作成したオーディエンス(基になるオーディエンス)と類似するユーザーをLINE内から新たに探して広告を配信します。

類似配信は「自動」と「手動」で設定でき、類似オーディエンスのサイズは1%から15%で指定可能です。1%の場合、類似度は高まりますが配信母数少なくなります。15%の場合、類似度は低くなりますが、配信母数は多くなりリーチするユーザー数を増やすことができます。

出典:LINE広告のターゲティングの種類を解説 特徴やケース別の活用方法も
https://www.lycbiz.com/jp/column/line-ads/technique/targeting/

ターゲティングの注意点

友だち追加広告配信時のターゲティングのポイントは、セグメントを絞りすぎないことです

友だち追加ユーザーを限定したいがために、セグメントを絞りすぎてしまいがちですが、絞りすぎるとインプレッション(広告表示)数が少なくなってしまいます。

そうするとクリック数(友だち追加数)が少なくなるため、クリック数を増やすために入札金額を高く設定せざるを得なくなり、友だち追加単価が高騰してしまいます。

友だち追加広告の場合は、広告がユーザーに表示された時点で、ユーザーが興味がないアカウントであった場合は友だち追加しないので、広告でターゲティングできると言えます。

認知度拡大のためにもまず多くの方に表示させる(インプレッション)ことは大切です。広く認知して、ブランドや商品を知ってもらうことも念頭に置いて、ユーザーにわかりやすく訴求できる広告を作成して配信しましょう。

掲載面

友だち追加広告が出稿できる場所は、以下となります。(2023年8月現在)

友だち追加広告を掲載できる面は以下の通りです。

・LINE VOOM
・LINE NEWS
・トークリスト上部
・ウォレット
・ホーム
・LINEショッピング
・LINEオープンチャット

友だち追加広告掲載面
画像引用:https://www.lycbiz.com/sites/default/files/media/jp/download/LINE%20Business%20Guide_202310-202403.pdf P126

掲載できる広告フォーマットは画像と動画で、画像のサイズは以下3パターンとなります。
・1200×628ピクセル
・1080×1080ピクセル
・600×400ピクセル

小さい画像(600×400)はトークリスト上部に表示され、ユーザーの視認性を高めるため、サイズに対して訴求画像を大きくデザインするのがおすすめです。

動画は、16:9、1:1、9:16で最大1GのMOVまたはMP4ファイル動画を広告に利用可能です。

広告内のテキストについては以下の文字数で訴求可能です。
・タイトル:20文字
・ディスクリプション:75文字

シンプルでわかりやすいテキストをご利用ください。

クリエイティブの注意点

友だち追加広告クリエイティブはユーザーの視認性を高め、わかりやすいクリエイティブにすることが大切です。広告の掲載面によって表示サイズが違うので、サイズを意識してクリエイティブをデザインしましょう。

LINEヤフー社は「LINE広告の効果を高めるクリエイティブの制作&運用のコツ」にて「良いクリエイティブ」の3条件を以下のように提言しています。

・まず、指先を止めてもらえる
・パッと見てわかる、印象に残る
・ユーザー起点のメッセージになっている

特にトークリストの上部の広告は、600×400ピクセルとクリエイティブが小さいので、商品画像1つを中心に大きく配置したり、ロゴのみを使うなど、シンプルでわかりやすいクリエイティブがクリックされる傾向にあります

またトークリスト上部の広告のテキストは、タイトルのみで20文字まで配信できますので、明確なメリットを訴求しましょう。

<良い例>

友だち追加広告クリエイティブの良い例

<悪い例>

友だち追加広告クリエイティブの悪い例

レポート、取得できるデータ

取得できるデータは、表示回数(インプレッション数)、友だち追加数(クリック数)、友だち追加率(CTR)、友だち追加単価(CPC)、ご利用金額、リーチ数などです。

友だち追加ごとに課金の場合、広告を見たユーザーが友だち追加すると課金が発生するので、無駄のない運用ができます。

ただし友だち追加単価は、ターゲティング内容や日予算、入札金額とクリエイティブの品質で決まってくるため、日々レポートを確認しながら、単価が高い場合は、クリック率の悪い広告を停止して、新しいクリエイティブにて広告を追加配信する、ターゲティングや入札金額、日予算調整するといった運用が必要です。

友だち追加した後のLINE公式アカウントのメッセージ配信運用のポイント

友だち追加広告で友だちを増やした後は、LINE公式アカウントでのコミュニケーションを通じて、貴社のブランドや商品・サービスに興味を持ってもらい、興味関心を高め、ファンになってもらうことが重要です。

友だち追加広告配信後、ブロック率が高くなる主な理由は、友だち追加後のユーザーにあわせたメッセージ配信やリッチメニュー配信ができていないことです。

友だち追加ユーザーは自分にとってメリットがない、関心のないメッセージが届くと、ブロックをしてしまいます。せっかく予算をかけて集めた友だちがブロックしてしまうことになるのはもったいないですよね。

またブロックをしないまでも、メッセージへの反応率(クリック率)は友だち追加から時間がたつにつれ徐々に低くなっていく傾向があるとLINEヤフー社の調べでわかっています。
出典:https://www.lycbiz.com/jp/column/line-official-account/technique/20180426-02/

友だち追加広告配信時には、ユーザーの導線やステイタス、タイミングを意識してメッセージ配信を計画しましょう。一例としておすすめの施策を以下にご紹介します。

あいさつメッセージ

あいさつメッセージは、友だち追加後、すぐに配信される最初のメッセージです。友だち追加広告で追加された友だちにも当然配信されますので、友だち追加広告配信期間は、広告と連動した内容にするなどの工夫をしましょう。

例)
友だち追加広告の訴求:「LINE公式アカウントにて最新のセール情報をお届けします。」
あいさつメッセージ例:友だち追加のお礼と今開催予定のセール情報ページへのリンクを送信

以下のブログ記事では、「テキストメッセ―ジ」+「リッチメッセージ」+「カードタイプメッセージ」の組み合わせのあいさつメッセージを設定する方法を解説しています。ID連携訴求以外でも汎用的に使えるので是非チェックしてみてください。

参考:友だちにはじめて届く「あいさつメッセージ」設定のコツ
https://www.lycbiz.com/jp/column/line-official-account/technique/aisatsu-message/

友だち追加経路を指定したステップ配信

ステップ配信は友だち追加を起点にあらかじめ作成したメッセージを経過日数によって複数回にわけて配信ができる機能です。

ステップ配信は友だち追加の起点を経路別で設定することができるので、LINE広告経由の友だちにむけて個別のステップ配信を行うことで、ブロックを抑制し、良質なコミュニケーションを行うことができます

<LINE Official Account Managerのステップ配信設定画面>

LINE Official Account Managerのステップ配信設定画面

実際に、友だち追加広告後にステップ配信を活用して、クーポンやお役立ちコンテンツなどのメッセージを複数回にわけて配信し、ユーザーと継続的なコミュニケーションをとることで、リッチメニューから多くの来店予約を獲得し、運用型広告よりもCPAを抑制できた例もあります。

会員登録やクーポン、キャンペーンを訴求するリッチメニュー

あいさつメッセージ同様、友だち追加後すぐにユーザーの目に留まるのが、リッチメニューです。

LINE経由売上の約5割がリッチメニュー経由というケースもあるほど、リッチメニューは、上手く活用することで売上増につながる施策の一つです。

LINE広告配信時には、LINE広告の訴求内容にあわせてリッチメニューを設定するとよいでしょう。

<例>


友だち追加広告の訴求:今なら新規会員登録で10%オフクーポンプレゼント

友だち追加広告の訴求の例

リッチメニュー例:広告と同じバナーのメニューの設置、ウェブサイトの便利メニューを設置

リッチメニューにクーポン設置の例

応答メッセージも活用するとより幅広いユーザーコミュニケーションが実現します。

LINE広告出稿とあわせて、LINE公式アカウントのメッセージ、リッチメニューも連動して活用しましょう。

最後に

ユーザーは自分にとって便利であったり、お得な情報が届くなどメリットを感じてもらうことでLINE公式アカウントの友だちでいてくれます。

友だち追加広告で友だちを増やすだけでなく、友だちのニーズや関心の度合いなど状況にあわせて便利でお得なメッセージを送り、貴社ブランドや商品・サービスのファンを増やしましょう。

田中恵

株式会社ソーシャルPLUS CSチーム
ソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」のCS(カスタマーサクセス)として、LINEのIDを活用したマーケティング活動を支援。
これまではコールセンターのアウトソーシング事業、広告代理事業のセールスとして大手通信キャリア、メーカー、金融、不動産などの幅広い業界の、マーケティング領域の提案からカスタマーサポートに従事している。

LINE活用の基礎知識
タイトルとURLをコピーしました