【Shopify Flow活用】LINEとメールを使い分け!LINE連携者にはLINEで、未連携者にはメールでメッセージを送る方法

「LINEの友だち追加やID連携を行っているお客様とそうでないお客様がいる中で、どのようにLINEとメールを使い分けていけばよいでしょうか」というご相談をよく頂きます。

本記事では、「Shopify Flow」もしくは「Shopifyの自動化(オートメーション機能)」を活用し、LINE連携をしているお客様にはLINEを、LINE連携をしていないお客様にはメールを送信するワークフローを組む方法を紹介します。

配信設定に使うアプリと前提

メールとLINEの配信出し分け方法を解説する前に、まずは使用するアプリをご紹介します。

①LINEのID連携をしているお客様へ、LINEのメッセージを配信する場合

Shopify Flowを使用して対象のユーザーへLINEを送信するには、LINEのID連携がされていること(ユーザーがLINEアカウントとShopifyのアカウントを紐づけた状態)が必須条件です。

ID連携の促進方法については下記記事をご覧ください。

②LINEのID連携をしていないお客様へ、メールを配信する場合(Shopify Flowに対応したメールアプリを利用)

Shopify Flowを使用して対象のユーザーへメール送信するには、メール配信アプリがShopify Flowに対応していることが必須条件です。

メール配信に利用したいアプリのShopifyアプリストアを確認し、「連携対象システム・アプリ」欄に「Shopify Flow」の記載があるかを確認してみてください。例えば、「Klaviyo」「Omnisend」はShopify Flowに対応しています。

③LINEのID連携をしていない顧客へ、メールを配信する場合(Shopify Emailの自動化を利用)

Shopify Flowに対応したメールアプリを利用しない場合には、Shopifyベーシックプランから利用できる上記の公式メールアプリがおすすめです。

LINEとメールの送り分けを、Shopify Flowに対応したメールアプリで行う方法

まずはShopify Flowに対応したメールアプリ(Klaviyoなど)を使う方法の解説です。

「特定の商品を購入してくれた顧客にLINEを送る」記事でのユースケースを例にとって、「①商品登録でSKUを使用している場合」にLINE連携者とLINE未連携者へ配信を出し分ける設定を行っていきます。

前提

  • 特定の商品を購入した顧客へ、メールとLINEでアプローチしたい
  • 商品登録でSKUを使用している
  • LINE連携済みの顧客へは「CRM PLUS on LINE」を使ってLINE配信
  • LINE連携がまだの顧客には「Klaviyo」を使用してメール配信
    • 「Klaviyo」以外でもShopify Flowに対応しているアプリであれば、同様の考え方で設定可能

ワークフローの完成イメージ

ワークフローの完成イメージ:LINE連携者とLINE未連携者へ出し分け

トリガーの設定

「Order created(商品購入時)」を選択します。

条件の設定

◆条件1
「SKUが『2023AW-001YE-SS』と一致している」という条件
※SKUの名称(2023AW-001YE-SS)は一例です。

◆条件2
さらに「顧客タグに『line』タグ*¹がある」という条件と一致しているかどうかを設定し、条件を満たした場合はLINE配信へ、満たさなかった場合にはメール配信という分岐を設定します。

*1)CRM PLUS on LINEで設置したLINE連携ボタンからID連携すると、「line」という顧客タグがShopify顧客管理内の該当顧客ひとりひとりに自動付与されます。詳細はこちらの記事を参照してください。

アクションの設定

条件分岐後のアクションを設定していきます。まずは条件に一致した場合のLINE配信アクションからです。上記のワークフロー完成図と見比べながら設定を進めてみてください。

◆LINE配信:アクション1
今回の例では、購入から1週間後にLINE配信を行うよう設定します。「Wait」アクションで1週間を選択します。Wait機能は任意の待機期間を合計最大30日間まで設定可能です。待機期間のn日後は適宜調整してください。

◆LINE配信:アクション2
続いて、配信するLINEメッセージの内容を設定していきます。

LINEメッセージの内容を設定

上記画面(Shopify Flowのアクション編集画面)の「Flex Messageのコンテナ」内を編集すると、LINEで配信するメッセージをカスタマイズできます。具体的なカスタマイズ方法は、下記記事をご参照ください。

▼LINE配信イメージ画像

LINE配信イメージ画像

LINE配信の設定ができたら、次にメール配信の設定も行ってきましょう。

◆メール配信用:アクション1
今回の例では、購入から1週間後にメール配信を行うよう設定します。「Wait」アクションで1週間を選択します。Wait機能は任意の待機期間を合計最大30日間まで設定可能です。待機期間のn日後は適宜調整してください。

◆メール配信用:アクション2
今回は例として、Klaviyoのメール配信アクション設定画面を提示しています。

Klaviyoのメール配信アクション設定画面

LINEとメールの送り分けを、Shopify FlowとShopify Emailで行う方法

2章ではShopify Flowに対応したメールアプリ(Klaviyoなど)を使う方法を解説しました。3章では、Shopify FlowとShopify Emailを使う方法を解説します。

2章と同様の事例を例にとって解説します。Shopify EmailアプリはShopify Flowから送信することができないので、Shopifyの自動化(オートメション)機能を利用して配信していきます。

前提

  • 特定の商品を購入した顧客へ、メールとLINEでアプローチしたい
  • 商品登録でSKUを使用している
  • LINE連携済みの顧客へは「CRM PLUS on LINE」を使ってLINE配信
  • LINE連携がまだの顧客には「Shopify メール」を使用してメール配信
  • LINEとメール配信の設定場所が異なるので、類似したワークフローをLINE用・メール用それぞれ用意して、同時に稼働させる

LINEでのメッセージ配信設定

まずはLINE連携者に向けたLINE配信のワークフローを設定していきます。

ワークフローの完成イメージ(LINE連携者に向け、Shopify FlowからLINE配信)

ワークフローの完成イメージ:LINE連携者にShopify FlowからLINE配信
トリガーの設定

「Order created(商品購入時)」を選択します。

条件の設定

◆条件1
「SKUが『2023AW-001YE-SS』と一致している」という条件
※SKUの名称(2023AW-001YE-SS)は一例です。

◆条件2
さらに「顧客タグに『line』タグ*¹がある」という条件

*1)CRM PLUS on LINEで設置したLINE連携ボタンからID連携すると、「line」という顧客タグがShopify顧客管理内の該当顧客ひとりひとりに自動付与されます。詳細はこちらの記事を参照してください。

アクションの設定

◆LINE配信:アクション1
今回の例では、購入から1週間後にLINE配信を行うよう設定します。「Wait」アクションで1週間を選択します。Wait機能は任意の待機期間を合計最大30日間まで設定可能です。待機期間のn日後は適宜調整してください。

◆LINE配信:アクション2
続いて、配信するLINEメッセージの内容を設定していきます。

LINE配信イメージ画像

メールでのメッセージ配信設定

Shopify Emailの設定

まずはShopify Emailを使ったメール配信の設定を行います。
マーケティング内の「自動化」>「オートメーションを作成する」を選択し、その後「カスタムオートメーションを作成する」を押下しワークフローを作成します。

マーケティング内の「自動化」>「オートメーションを作成する」

続いて、Shopify Flowでのワークフローの設定を行っていきます。

ワークフローの完成イメージ(LINE未連携者にメール配信)

ワークフローの完成イメージ:LINE未連携者にメール配信
トリガーの設定

「Order created(商品購入時)」を選択します。

条件1の設定

「SKUが「2023AW-001YE-SS」と一致するという条件を設定し、条件を満たした場合はメール配信します。

アクション1の設定

今回の例では、購入から1週間後にメール配信を行うよう設定します。待機期間のn日後は適宜調整してください。

条件2の設定

LINE連携している人にはLINEのみで受信されるように、顧客タグに「line」タグがある場合(LINE連携者)にはメールが届かないように制御しています。LINE連携者にもメールで配信したい場合には、条件2を削除することでメール配信も可能です。

アクション2の設定

最後に、配信するメールメッセージの内容をShopify Emailで設定していきます。

配信するメールメッセージの内容をShopify Emailで設定

Shopify Flow×LINE配信なら「CRM PLUS on LINE」にご相談ください

2023年7月末よりShopify Flowがベーシックプランより利用可能になりました。ほとんどのストアでShopify Flowが利用可能になりましたので、「このようなワークフローは設定できるか」「このLINE配信を自動化したい」などご相談がございましたら、いつでもサポート宛にお声がけください。

ShopifyとLINEを連携したCRMを実現するShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」 | ソーシャルPLUS
ID連携を軸に、LINEを活用した顧客コミュニケーションの最適化を実現するShopifyアプリです。顧客・購買データを基にしたセグメント配信やLINE公式アカウント上での顧客対応、リッチメニューの出し分け、購入・発送完了通知等、多様なLIN...
LINE連携・ステップ配信・発送通知・カゴ落ち配信等が無料プランから!セキュアなソーシャルログイン機能にも対応しています | Shopify App Store
LINE公式アカウントだけでは実現しづらい、Shopifyの顧客・購買データと連携した配信を可能にするアプリです。LINE公式アカウントをストアやアプリと連携するための、初期設定無料サポートも行なっています。 既にLINE関係ツールをご利用...
タイトルとURLをコピーしました