星名麻衣子

Shopify連携

【Shopify Flow】「再試行する」ボタンでワークフローを再実行する方法と注意点

2024年3月、Shopify Flowで「再試行する」ボタンが利用できるようになりました!顧客タグの付与( Customer tags added )・商品購入( Order created )・商品のフルフィルメント/発送処理( Fulfillment created )などのテスト動作を再度行わずとも、ワークフローを起動させることが可能です。本記事では、「再試行する」ボタンの具体的なユースケースと手順、使用の際の注意点などを解説します!
Shopify連携

【Shopify Flow活用】LINEとメールを使い分け!LINE連携者にはLINEで、未連携者にはメールでメッセージを送る方法

友だち追加やID連携を行っているユーザーとそうでないユーザーがいる中で、LINE連携をしているお客様にはLINEを、LINE連携をしていないお客様にはメールを送信するワークフローを組む方法をご紹介します。「Shopify Flow」もしくは「Shopifyの自動化(オートメーション機能)」の具体的な設定方法も解説!
Shopify連携

【Shopify Flow活用】クーポンの期限リマインドをLINEで自動配信する方法

ここでは、LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」とワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」を使って、LINEのID連携を行っている方だけにクーポンのリマインド配信をする方法をご紹介します!
Shopify連携

【Shopify Flow活用】特定の商品を購入してくれた顧客にLINEを送る方法

商品購入後のユーザーをリピート購入やアップセル・クロスセルへ繋げたい方必見。LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」とワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」を使って、特定の商品を購入した方へのメッセージの配信方法を解説します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】Shopify上の会員・購買データを利用して、リッチメニューを自動で出しわける方法

Shopifyの会員・購買データに応じたリッチメニューの出しわけ例として「定期購買の利用ステータスに応じたリッチメニューの自動切り替え」の設定方法を解説します。Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」「定期購買」「Shopify Flow」を使って設定します。LINE経由の売上の約5割がリッチメニュー経由というケースもあるほど、LINE経由売上への影響度が高いリッチメニュー。ぜひ活用してみてください!
Shopify連携

ShopifyのサンクスページでLINE連携を促す!ストアの世界観を活かしたカスタマイズ方法

サンクスページでのLINE訴求は、実際に購入したお客様とLINEでつながれるので、LINEを活用したマーケティングの基盤づくりとしておすすめの施策です。ゲスト購入のお客様に「この機にLINEで会員登録しませんか?」と訴求し、会員化を促進することもできます。実際にどのようにカスタマイズすればいいのか?コードの編集はどうするのか?実例で解説します。
LINE活用の基礎知識

LINEのFlex Message Simulatorを使って追跡番号付き「発送完了通知」を編集する方法

Flex Message Simulatorを利用すればコードの難しい知識がなくても視覚的にFlex Messageを作成できます。発送完了時にLINEで送信する「追跡番号付き発送完了通知」を例に挙げて、Flex Message Simulatorの基本的な使い方をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました