CRM PLUS on LINE

Shopify連携

【Shopify Flow活用】特定の商品を購入してくれた顧客にLINEを送る方法

商品購入後のユーザーをリピート購入やアップセル・クロスセルへ繋げたい方必見。LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」とワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」を使って、特定の商品を購入した方へのメッセージの配信方法を解説します。
Shopify連携

ShopifyとZendeskとLINEの顧客データを同期させる方法

カスタマーサポートでZendeskを使っているShopifyマーチャントの方におすすめの記事です。エクレクト社のサービスとShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」を使って、ShopifyとLINEとZendeskのデータを同期する方法や費用を解説します。
Shopify連携

Shopify Flowのスケジュール実行とは?LINEの定期配信自動化(誕生日クーポン編)

Shopify Flowのスケジュール実行機能とは?LINEでの定期配信自動化に活用するには?「毎月月初に誕生日クーポンをLINEで送る」施策を例に、具体的な設定方法や注意点を解説します。
事例

FrancfrancのLINEはなぜ毎日配信でもブロックされない?売上と顧客体験を両立させる秘訣

「LINE連携ユーザーへのセグメント配信はCVRが数倍」と語るFrancfrancの武本様。ShopifyとLINEを駆使して売上・費用対効果を上げるポイントとは?具体的な配信内容やタイミング、Shopify Flowを活用した自動化、Shopifyのカスタムレポートを活用した成果分析の方法などを語っていただきました。
Shopify連携

ShopifyのサンクスページでLINE連携を促す!ストアの世界観を活かしたカスタマイズ方法

サンクスページでのLINE訴求は、実際に購入したお客様とLINEでつながれるので、LINEを活用したマーケティングの基盤づくりとしておすすめの施策です。ゲスト購入のお客様に「この機にLINEで会員登録しませんか?」と訴求し、会員化を促進することもできます。実際にどのようにカスタマイズすればいいのか?コードの編集はどうするのか?実例で解説します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】お気に入り登録商品の在庫少・値下げ・再入荷通知をLINEで送る方法

売上高が高いCRMシナリオ「お気に入り登録」×「在庫通知・値下げ情報通知」をLINEで簡単に実現する方法をご紹介します。Shopifyアプリ「Prime Review」「Shopify Flow」「CRM PLUS on LINE」の組み合わせで、自動化もスムーズに可能です。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】定期購入の決済日案内をLINEで送る方法

定期購入(サブスク)において決済日の通知は重要ですが、Eメールだとうっかり見落としたりアーカイブしてしまったり……そんな課題の解決のためにLINE活用を行っている企業もあります。本記事では、次回決済日の案内をLINEで送る方法を紹介します。LINE配信には弊社ソーシャルPLUSのShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」、定期購入にはハックルベリー社のShopifyアプリ「定期購買」、ワークフロー自動化には「Shopify Flow」を利用しています。
Shopify連携

Shopifyのカゴ落ち配信をLINEで送ったらCVRがメールの約7倍だった

Shopifyのカゴ落ち配信をLINEで送った結果、クリック率・購入率ともにメールよりも高く、弊社が当初想定していたよりも高い数値だったので記事にしました。カゴ落ちLINEのCTRはメールと比較して5倍〜10倍高く、CVRも配信対象が増えるほど上がる結果に。
Shopify連携

ShopifyでのLINE配信、「顧客タグ」をどう使う?タグの自動付与の方法は?【ここが知りたい!Shopify-LINE連携シリーズ】

Shopifyの「顧客タグ」で「誰に配信するのか」を指定し、LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」でLINEメッセージの配信ができます。配信手順や、タグの管理方法・自動化におすすめのアプリ「Easy Tagging」についても解説します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】他社アプリのメタフィールドへデータの型を変換して投入する方法

Shopifyのアプリ間でデータの持ち方が異なる場合「Shopify Flow」でデータ型を変換して引き渡すことができます。具体例として「CRM PLUS on LINE」から「Customer Account Fields」のメタフィールドへデータを集約した例を解説します。
タイトルとURLをコピーしました