大西 真央

LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウント・LINE広告を活用するなら知っておきたい正式名称・ロゴ利用ルール

LINEに関連するオンライン上の告知物など全ての素材(LINE公式アカウント開設の告知バナーなど)は、ガイドラインの遵守・事前にLINE株式会社の広報窓口に確認する必要があります。特に見落としやすいポイントを中心に、LINEのビジネス活用するなら知っておきたい正式名称・ルールを紹介します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】他社アプリのメタフィールドへデータの型を変換して投入する方法

Shopifyのアプリ間でデータの持ち方が異なる場合「Shopify Flow」でデータ型を変換して引き渡すことができます。具体例として「CRM PLUS on LINE」から「Customer Account Fields」のメタフィールドへデータを集約した例を解説します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】LINE連携した人のみ利用可能なクーポンコードをLINEで送る方法

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」と自動応答メッセージを活用し、「LINE連携」をトリガーにクーポンコードを自動送信する方法を解説します。「Flex Message」を使って具体的なクーポンのメッセージ作成についても紹介します。
Shopify連携

セグメント配信、LINE公式アカウントだけでやるのとツール使うのでは何が違うの?【ここが知りたい!Shopify-LINE連携シリーズ】

大まかな違いは、「LINE公式アカウントが保有するデータ」を元にセグメント配信を行うか、「ECサイト(Shopify)のデータ」を元に配信を行うか。ツール活用でLINE公式アカウント活用の幅は広がりますが、運用リソースを確保できないままツール利用を始めると、費用対効果が合わなくなってしまう可能性も。導入の目的を明確にしてから、カゴ落ち配信やステップ配信などの自動化も組み合わせて活用するのがおすすめです。
課題解決

LINEのID連携率を高めたい!新規会員・既存会員別の利用促進ポイントと注意点

ID連携促進には「LINEログイン」の活用が重要です。この記事では、LINEログインの特徴やメリット、効果的な導線設計のポイント、さらにLINEログインなど6種のソーシャルログイン導入のサポートをしてきた「ソーシャルPLUS」だからこそ話せる事例もご紹介します。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントにおけるプラン選択のポイントと認証済アカウントのすすめ

LINE公式アカウントには3つのプランと3つのアカウント種別があります。「プランの適切な選択方法」と「それぞれのアカウント種別の違い」についてポイントをまとめました。また「認証済みアカウント」をお勧めする理由も解説します。
コラム

DXと共にIDをベースにしたマーケティング・コミュニケーション設計を始めなければならない理由

「企業のDX推進」と「IDをベースにしたマーケティング」の密接な関わりをテーマに、Cookie や IDFA の話も交えながら記事をまとめました。DX推進のために必要な、ユーザー体験の重要性やソーシャルログインの有効性なども解説します。
LINE活用の基礎知識

CRMにLINEを活用すべき理由とは?EC・宅配サービス・実店舗における活用事例も一挙解説

なぜ今、LINEのCRM活用が注目されているのでしょうか?EC・宅配サービス・実店舗それぞれの事例を紹介しながら、LINEそしてLINE公式アカウントを活用して、既存顧客の満足度を高め、顧客と良好な関係性を構築することでLTVを最大化するCRM施策をご紹介します。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントのリッチメニュー、基本機能から属性にあわせた出し分けまで一挙解説

リッチメニューとは、トーク画面下部に固定表示される画像メニューのことで、自社ECサイトや登録ページへの誘導、会員カード表示、ID連携など様々な用途で活用されています。その具体的活用例や設置方法、よく使われているリッチメニュー構成などもご紹介します。
LINE活用の基礎知識

LINEクーポン・LINEポイント・スタンプ等、LINEの友だち追加やID連携を促進するデジタルインセンティブ施策事例まとめ

実店舗への来店・購買行動喚起やオンラインショップの販促などにも繋がる、LINEを活用したデジタルインセンティブ施策をご紹介。LINEクーポン、LINEポイントコネクト、スポンサードミッションスタンプなど活用事例を交えて特徴を解説します。
タイトルとURLをコピーしました