【Shopify Flow活用】特定のクーポンを使って購入した顧客にタグ付けをする方法

Shopify Flowで実現!特定のクーポンで購入したユーザーにタグ付けをする方法

Shopifyで顧客管理する上で上手く利用していきたいのが「顧客タグ」です。

顧客タグで、顧客データに追加情報を付与できるので、タグ検索を行ってユーザーをグルーピングし分析を行ったり、タグで絞りこんだユーザーに対してLINEでセグメント配信を行ったりと、その後のストア運営に活用できます

さらに、Shopify Flowを使えば、「特定の条件を満たした顧客にタグを付与する」を自動化できます。

今回は、Shopify Flowを使って、特定のクーポンを利用したお客様に自動でタグ付けする方法を紹介します。例として以下のワークフローを作成します。

「LINE ID連携された人にクーポンを送付し、そのクーポンを使って購入した顧客に、タグ”line-connected-coupon-used”を付与する」

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」はShopify(スタンダードプラン・プレミアムプラン)及びShopify Plusにて利用可能です。

手順1:クーポンコードを発行する

はじめに、LINE ID連携された人に送るクーポンコードを作成します。

LINE連携してくれた顧客のみが利用可能なクーポンコードを作成する手順については、以下ブログ記事をご覧ください。

ここで作成したクーポンコード名(今回の場合は「line-connected-coupon」)は後で使用しますので、メモ帳などにコピーしておいてください。

LINE連携済み顧客へのクーポンコード作成

手順2:Shopify Flowでワークフローを作成する

では実際に、ワークフローを作成していきます。

完成イメージは以下のとおりです。

Shopify FlowでLINE ID連携クーポンを利用して購入した顧客にタグ付けする

トリガー:Order created(オーダーが作成された時)

条件:Discount code is equal to “line-connected-coupon”(使用されたディスカウントコードが”line-connected-coupon”の場合)

アクション:Add customer tags “line-connected-coupon-used”(顧客タグを付与する)

まずは、トリガーとして「Order created」を選択します。

Shopify Flowでトリガー(Order created)を選択

次に、条件を設定します。

Shopify Flowで条件を設定

今回は、”特定のディスカウントコードを使用された時”という条件を挟むので、「基準を追加する」ボタンから、discountCodeを指定します。

Shopify Flowで”特定のディスカウントコードを使用された時”という条件(discountCode)を設定
Shopify Flowで”特定のディスカウントコードを使用された時”という条件(discountCode)を設定

ここで、手順1で作成したクーポン名を入力します。

Shopify Flowで”特定のディスカウントコードを使用された時”という条件(discountCode)を設定

条件を満たした場合は、タグ付けをしますので、「Then」からアクションを作成し、Add customer Tagsを選択します。

Shopify Flowで条件を満たした場合タグを付与する

タグの名称は何でも良いですが、今回は「line-connected-coupon-used」とします。

Shopify Flowで条件を満たした場合タグを付与する

設定が完了したら、「ワークフローをオン」を押下すれば完成です!

※作成したワークフローはファイル(.flow)に書き出すことができるので別のストアで再利用することもできます。

手順3:タグ付けされた顧客を確認する

手順1で作成したクーポンコードを利用した顧客に、設定したタグがきちんと付与されているかを確認してみましょう。

Shopifyの管理画面から「顧客管理」を開き、お客様セグメントで「customer_tags CONTAINS ‘line-connected-coupon-used’ 」で絞り込みをすると、そのクーポンコードを利用した顧客一覧が表示されます。

Shopifyの顧客管理画面で顧客タグで絞り込み

今回は、「顧客タグに付与する」というアクションを設定していますので、特定のお客様の”顧客タグ”を見て、「line-connected-coupon-used」というタグが付与されていれば成功です!

Shopifyのタグ

【豪華10社登壇】Shopify Plus × LINE活用の現場に迫る!最前線事例セミナーを開催

2022年11月10日、高い成果をあげているShopify Plusマーチャント(事業者)とそのパートナー(支援者)をお招きし、「Shopify PlusとLINE活用の現場」に迫るイベントを開催します!

購買データ活用・店舗-EC連携・定期購買連携をテーマに、LINE活用のノウハウが集結します。ぜひこの機会にご来場くださいませ!

2022/11/10開催 【豪華10社登壇】Shopify Plus × LINE活用の現場に迫る!最前線事例セミナー|ソーシャルPLUS

まとめ

このように、タグ付けも自動化してしまえば、その後の”顧客タグを利用したセグメント配信”にも活かすことができます。

今、Shopifyベーシックプラン($29/月)を利用している方でも、Shopifyスタンダードプラン($69/月)にアップグレードしていただければ、ご利用いただけるようになります。

$40の差額で、お客様の行動に合わせた柔軟なLINE配信、タグ付けなどの自動化による工数削減が実現できますので、Shopifyスタンダードプラン以上へのアップグレードも是非ご検討ください!

弊社が提供する Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」はShopify Flowに対応しており、スムーズなLINE配信自動化ができます。アプリ名の通りCRM的に使えるワークフローをたくさん用意しています。

もし、「こういうシナリオを想定しているが実現可能か」「このLINE配信を自動化したい」などございましたらお気軽にご相談ください

お問合せはこちら:https://socialplus.jp/shopify_app/inquiry/

児玉尚平

株式会社ソーシャルPLUS CSチーム
LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」のカスタマーサクセスとして、導入時~導入後の活用まで幅広くサポート。前職にてRPA/iPaaSのベンダーでEC事業者などをサポートしてきた経験を活かし、ワークフロー自動化アプリ「Shopify Flow」との連携による配信自動化なども支援を行っている。

Shopify連携
LINE公式アカウント徹底活用ブログ
タイトルとURLをコピーしました