【Shopify Flow活用】LINE連携した人のみ利用可能なクーポンコードをLINEで送る方法

ShopifyのサイトでLINE連携してくれた顧客のみが利用可能なクーポンコードを作成し、LINE連携してくれたタイミングにLINE公式アカウントからクーポンコードを自動配信する方法をまとめました。Shopify Flowの仕組みを理解するにはちょうど良いレベルの基礎編です。

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」はShopify(ベーシックプラン・スタンダードプラン・プレミアムプラン)及びShopify Plusにて利用可能です。(2023年7月27日追記)

Shopifyflowで実現!LINE連携した人のみ利用可能なクーポンコードをLINEで送る方法

手順1:LINE連携してくれた顧客のみが利用可能なクーポンコードを作成する

本記事で紹介する方法では、前提として下記条件が必要です。

  • LINE連携している顧客には、Shopifyの顧客タグに「line」が設定されていること
  • Shopify Flowのトリガーとして「LINE連携」を設定できるアプリを利用していること

※弊社の提供するLINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」では、LINE連携者への自動タグ付与・Shopify FlowのトリガーにLINE連携を設定できる機能を備えています。

まずは顧客管理画面でグループを作ります。下記の条件で絞り込みをして「名前を付けて保存」をクリックしてください。名前は何でも良いですが、ここでは「LINE連携」にします。

Shopifyの顧客管理画面ー顧客タグに「line」が含まれる顧客を絞り込んでグループを作成
顧客タグに「line」が含まれる顧客を絞り込んでグループを作成

続いて、Shopifyのディスカウント画面から「クーポンコード」作成に進みます。

Shopifyのディスカウント画面ークーポンコードを作成
ディスカウントのタイプ
クーポンコードと自動ディスカウントの作成方法について説明します。

上から順に割引率などを入力してください。その中で「お客様の資格」という欄があります。

Shopifyのディスカウント画面ーお客様の資格(お客様セグメント)を選択

ここで「特定のお客様セグメント」を選択し、検索部分で「line」と検索し、先ほど作成したグループ「LINE連携」を選択して追加します。

Shopifyのディスカウント画面ー「特定のお客様セグメント」を選択し、作成したグループ「LINE連携」を選択

これで「LINE連携した顧客のみ利用可能なクーポンコード」が作成できました。顧客タグに line が付与されていないお客様がここで作成したクーポンコードを入力しても無効になります。

手順2:Shopify Flowでワークフローを作成する

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」を利用して、自動配信の設定を行います。

LINE連携者にクーポンコードを自動配信する設定例

Shopify Flowの管理画面ーLINE連携者にクーポンコードを自動配信する設定例
Shopify Flowの管理画面上での、実際のワークフロー設定例です

「CRM PLUS on LINE」が用意している「条件」は、下記のように「新規登録時の連携」と「既存顧客の連携」があります。もちろん両方指定も可能です。またLINE以外のソーシャルログイン機能も持っているため、ソーシャル連携したプラットフォーム ( Apple・Yahoo! JAPAN・Google・Facebook・Twitter ) も指定が可能です。

「CRM PLUS on LINE」が提供しているShopify Flowの条件
「CRM PLUS on LINE」が提供しているShopify Flowの条件

「アクション」部分はクーポンコードを送る場合、Flex Messageかテキストメッセージでの送信になります。Flex Messageについては、後述の「Shopify Flowのアクションに設定できるLINEメッセージ」章で詳しく解説します。

「CRM PLUS on LINE」が提供しているShopify Flowのアクション
「CRM PLUS on LINE」が提供しているShopify Flowのアクション

初めてLINE連携した方限定で自動配信したい場合は?

下記のように一つ目の条件に「タグによる除外(line_couponタグを含まない)」、アクションに「タグを付与(line_couponタグを付与)」を追加することで、同一ユーザーが一度連携を解除して再度連携した際、同じメッセージが自動送信されないようにすることもできます。

2回目のLINE連携時のクーポン自動送信をタグで除外できるワークフロー設定例
2回目のLINE連携時のクーポン自動送信をタグで除外できるワークフロー設定例

Shopify Flowの「アクション」に設定できるLINEメッセージ

自由なレイアウトが可能な「Flex Message」

Flex Messageは、複数の要素を組み合わせてHTMLに近い感覚でレイアウトを自由にカスタマイズできるタイプのメッセージです。LINE Official Account Managerからは送れず、APIでのみ送れます。デザインの自由度が高く、カルーセル(カードタイプ)表示も可能です。クーポンコードの案内では顧客にはこのように表示させました。

  1. メッセージをタップすると特定のキーワードを顧客が発言
  2. 特定のキーワードの発言に対して応答メッセージ(通数課金を避けるため)
  3. クーポンコード単体での応答があるので顧客がコピーしやすい

続いて、この「クーポンコードの自動応答」を行うための設定方法を紹介します。

自動応答メッセージで、クーポンコードのコピーを簡単にする方法

まずFlex Messageをタップした際に自動応答される「発言(キーワード)」を決めます。ここでは「クーポンコードをゲットする」にしています。特にルールはありません。決めたキーワードを、Flex Message側のAction(下記画像の赤枠内)に設定します。

LINE社が提供している「Flex Message Simulator」を利用することで、プレビューを見ながらメッセージをデザインすることができます。

Flex Message Simulatorの設定画面イメージ
Flex Message Simulatorの設定画面イメージ

続いて、LINE公式アカウントの設定画面にある自動応答メッセージ>応答メッセージへ進みます。

LINE公式アカウントの管理画面「応答メッセージ」設定欄
LINE公式アカウントの管理画面「応答メッセージ」設定欄

応答メッセージ設定内にある「キーワードを設定する」欄に先ほど決めたキーワードを入力します。他の設定箇所は、LINE公式アカウント管理画面の指示に従い入力してください。

LINE公式アカウントの管理画面「応答メッセージ」のキーワード設定欄
LINE公式アカウントの管理画面「応答メッセージ」のキーワード設定欄

最後に自動応答するメッセージの設定ですが、吹き出しを2つに分けます。1つ目の吹き出しにサイトへ遷移しやすいようサイトURLを入力、2つ目の吹き出しにコピーしやすいようクーポンコードのみを入力します。どちらも自動応答なので、LINE公式アカウントの通数課金にはカウントされません。

自動応答メッセージの吹き出し設定例
自動応答メッセージの吹き出し設定例

これで自動応答メッセージの設定が完了です。

このようなワークフローやFlex Messageのテンプレートも「CRM PLUS on LINE」では提供しています。

Shopify Flow×LINE配信なら「CRM PLUS on LINE」にご相談ください

最後にあらためて宣伝です。我々が提供する Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」はShopify Flowに対応しており、スムーズなLINE配信自動化ができます。アプリ名の通りCRM的に使えるワークフローをたくさん用意しているので、ShopifyとLINEで実現したいことがありましたらお気軽にご相談ください!

LINE連携・ステップ配信・発送通知・カゴ落ち配信等が無料プランから!セキュアなソーシャルログイン機能にも対応しています | Shopify App Store
LINE公式アカウントだけでは実現しづらい、Shopifyの顧客・購買データと連携した配信を可能にするアプリです。LINE公式アカウントをストアやアプリと連携するための、初期設定無料サポートも行なっています。 既にLINE関係ツールをご利用...
タイトルとURLをコピーしました