【Shopify Flow活用】お気に入り登録商品の在庫少・値下げ・再入荷通知をLINEで送る方法

お気に入り登録商品の在庫少・値下げ・再入荷通知をLINEで送る方法

売上高が高いCRMシナリオのベスト3が、2021年下記記事にて発表されました。1位が「お気に入り登録」×「在庫通知」、3位が「お気に入り登録」×「値下げ情報通知」です。

EC売上510億円、ベイクルーズが推進するDX改革の実例。戦略、組織・仕組み作りを解説 | ネットショップ担当者フォーラム
ベイクルーズのEC事業を統括する加藤利典氏と、ECエバンジェリストの川添隆氏がベイクルーズのDX戦略を解説

メールでこれだけ効果があるので「LINEでも同じことを実現したい」という相談を、Shopifyに限らずよく頂きます。これまではサイト側のカスタマイズ範囲が大きく、予算や開発コスト等との兼ね合いでなかなか実現できる機会が少なかったのですが、Shopifyではアプリのインストールベースで実現できます

LINE配信にはShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」、ワークフローの自動化には「Shopify Flow」を使用します。それに加えてShopifyには純正でお気に入り機能がないので、お気に入り(Wishlist)系のShopifyアプリを併用しました。

本記事で紹介する方法は、Shopify Flowを使えるShopifyのプラン で実現できます。※2022年10月時点ではShopifyスタンダード以上のプラン

Shopify Flowのトリガーが用意されている国産アプリで実現

今回は、お気に入り(Wishlist)系アプリとしてミクスローグさん提供の国産アプリ「Prime Review」を選びました。Shopify Flowのトリガーが提供されており、ワークフローの構築が非常に簡単です。お気に入りだけでなく商品レビュー、Q&A機能もついています。世間は値上げラッシュですが、Shopify Flowによる通知はなんと$29のプランで利用可能です。円安も微々たる影響ですね!

Prime Review/商品レビュー・お気に入り・Q&A| Shopify アプリストア
商品レビュー、お気に入り、Q&Aのオールインワンアプリ。商品ページのコンバージョン向上に最も貢献する機能を提供します。
Shopifyアプリ「Prime Review」のアプリストアイメージ
Shopifyアプリ「Prime Review」のアプリストア
Shopifyアプリ「Prime Review」の価格(2022年10月)
Shopifyアプリ「Prime Review」の価格(2022年10月)

「Prime Review」のShopify Flow設定は、アプリ管理画面の「通知」から有効のチェックボックスを入れるだけで完了です。

Shopifyアプリ「Prime Review」の設定画面
Shopifyアプリ「Prime Review」の設定画面

下記は「Prime Review」で用意されているトリガーです。

「Low inventory – 在庫僅少」「Change Price – 価格の変更」「Restock – 再入荷」と、我々がお気に入り系アプリに用意してほしいと思っていたトリガーが完璧に揃っていました。Shopify Flowのおかげで個別にインテグレーションを開発しなくて済むのは本当に最高です。

Shopifyアプリ「Prime Review」で用意されている、Shopify Flowのトリガー
Shopifyアプリ「Prime Review」で用意されている、Shopify Flowのトリガー

海外製のアプリでも実現は可能

海外のアプリ「Wishlist Plus 」でも同様のことが実現できます。

Wishlist Plus| Shopify アプリストア
Customizable, collaborative sales, clienteling, save for later
Shopifyアプリ「Wishlist Plus」で用意されているShopify Flowのトリガー

「Wishlist Plus 」のヘルプページには「Shopify Flow連携はPremiumプラン以上」と記載があるため、およそ月額$99.99〜かかります。Shopifyアプリにしては少し高いと思われがちな価格帯ですが、月商で500万円を超える規模であればペイできる価格だと思います。

在庫少・値下げ・再入荷通知のワークフロー構築例

実際に「Prime Review」「CRM PLUS on LINE」「Shopify Flow」を使って、在庫少・値下げ・再入荷通知のワークフローを作ってみました。

3つともトリガーが違うだけで非常にシンプルで、こんなに簡単にできてしまうことに驚きです。このワークフロー構築にあたって我々はミクスローグさんと一度も打ち合わせをしていないという事実が、Shopify Flowの素晴らしさを物語ってますね。

▼お気に入り登録商品の「在庫少通知」をLINEで配信するワークフロー

お気に入り登録商品の「在庫少通知」をLINEで配信するワークフロー(Shopify Flow設定画面)
お気に入り登録商品の「在庫少通知」をLINEで配信するワークフロー(Shopify Flow設定画面)

▼お気に入り登録商品の「値下げ通知」をLINEで配信するワークフロー

お気に入り登録商品の「値下げ通知」をLINEで配信するワークフロー(Shopify Flow設定画面)
お気に入り登録商品の「値下げ通知」をLINEで配信するワークフロー(Shopify Flow設定画面)

▼お気に入り登録商品の「再入荷通知」をLINEで配信するワークフロー

お気に入り登録商品の「再入荷通知」をLINEで配信するワークフロー(Shopify Flow設定画面)
お気に入り登録商品の「再入荷通知」をLINEで配信するワークフロー(Shopify Flow設定画面)

LINEで送るメッセージにはLINE Flex Messageを利用できるので、デザインも自由自在です。Flex Messageについては、次の章で解説していきます。

LINE Flex Messageでざっくりと作ったメッセージ例
LINE Flex Messageでざっくりと作ったメッセージ例

LINEのメッセージはFlex Messageで柔軟に設計可能

ワークフローがあっさりできてしまったので、Flex Messageの構成について少し追記します。

Flex Messageは、複数の要素を組み合わせてHTMLに近い感覚でレイアウトを自由にカスタマイズできるメッセージです。デザインの自由度が高く、カルーセル(カードタイプ)表示も可能です。LINE Official Account Managerからは送れず、APIでのみ送れます。Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」からも配信可能です。

何も素材がない状態であれば、LINE社が提供する「Flex Message Simulator」のShowcaseにあるサンプルメッセージ(テンプレート)からイメージに近いものを選択して加工していくことをおすすめします。

▼Showcaseのサンプルメッセージ一覧

Flex Message Simulatorで提供されているサンプルメッセージ
Flex Message Simulatorで提供されているサンプルメッセージ

「Shopify Flow」を利用したLINEメッセージ配信にFlex Messageを使う場合、主に下記4つの項目で変数を使うことになります。Shopify Flowでは、この変数を理解しているかどうかで使い方に大きく差がでます。

  • 商品画像URL
  • 商品名
  • 商品価格
  • 商品ページURL

下記の画像のように、「Shopify Flow」のアクションにはトリガーに応じた変数を指定することができます。例えばアクションに「値下げ通知の配信」を設定する場合、対象の商品名や商品価格を動的に文章へ挿入することができます。

Shopify Flowのアクション設定画面
Shopify Flowのアクション設定画面

ただし、アクションで指定できる変数は「Shopify Flow」のトリガーに依存します。アプリによっては使いたいと思う変数がトリガーとして用意されていないケースもあったりしますので、その場合はアプリの問い合わせフォームから依頼してみるのも一つの手段です。

Shopify Flow×LINE配信なら「CRM PLUS on LINE」にご相談ください

我々が提供する Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」は「Shopify Flow」に対応しており、スムーズなLINE配信自動化ができます。アプリ名の通りCRMに使えるワークフローをたくさん用意しているので、ShopifyとLINEで実現したいことがありましたらお気軽にご相談ください!

CRM PLUS on LINE| Shopify アプリストア
LINE連携・ステップ配信・発送通知・かご落ち配信等が無料プランから!セキュアなソーシャルログイン機能にも対応しています
ShopifyとLINEを連携したCRMを実現するShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」| ソーシャルPLUS
ID連携を軸に、LINEを活用した顧客コミュニケーションの最適化を実現するShopifyアプリです。顧客・購買データを基にしたセグメント配信やLINE公式アカウント上での顧客対応、リッチメニューの出し分け、購入・発送完了通知等、多様なLINE活用を行えます。フリープランからご利用可能。ぜひお気軽にお問合せくださいませ!
タイトルとURLをコピーしました