LINE活用の基礎知識

APIを利用してリッチメニューを個別配信する方法~PostmanによるAPI実行も解説

ソーシャルPLUSのリッチメニューAPIの活用で、自社会員データベース内のユーザーの属性情報や行動履歴などのデータにあわせたリッチメニューの個別配信が可能です。リッチメニューAPIでどんなことができるのか、メリット・デメリット、API実行ツール「Postman」を利用したリッチメニューの配信方法をご紹介します。
事例

定期購入(サブスク)でのLINE公式アカウント活用事例

LINE公式アカウントを活用して定期購入(サブスク)の購買体験を向上し、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)アップや解約率低下につなげるアイデアと、実際にLINE活用で購買体験を向上させている事例をご紹介します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】特定のクーポンを使って購入した顧客にタグ付けをする方法

Shopify Flowを使って自動で「特定の条件を満たした顧客にタグを付与する方法」を紹介します。Shopifyでは顧客タグで顧客データに追加情報を付与できます。付与したタグでユーザーを絞り込んだり、LINEのセグメント配信にも活用できます。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントの効果をGoogle Analyticsで計測する方法

LINEの効果を計測する方法として、LINE Official Account Managerの分析機能とGoogle Analyticsでの計測方法を解説します。Google Analyticsでは流入経路やセッション時間、直帰率、CVや売上金額など、より詳細の計測が可能です。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントのリッチメニューでだし分けや複数タブの切り替えを活用する方法(Messaging API利用)

複数のタブを切り替えるリッチメニューやユーザーごとに動的にだし分けるリッチメニューなどLINE公式アカウントのMessaging APIを利用したリッチメニューのカスタマイズについて紹介します。事例をもとにタブ毎のコンテンツ配置例や、Official Account Managerで作成したリッチメニューとの併用時の注意点も解説します。
課題解決

LINE Messaging APIを使って複数のツールを併用する方法:Webhook URLの設定が必須かを確認しよう

一般的なLINE公式アカウント関連のツールはパートナー用の特殊なAPIを使わない限り併用することができません。Webhook URLが必須ではないLINE公式アカウント関連のツール、具体的にはLINEログインのAPIを使っているツールや、LINEミニアプリ(LIFF)の場合は、他のツールであれば併用が可能です。LINE Messaging APIを利用する際、メッセージの受信や友だち追加やブロック、チャット上でユーザーの操作によって発生したイベントを受信する際にWebhookの設定が必要となりますが、LINEログインやLIFFベースのLINEミニアプリの場合は、イベント受信とは別に「友だち追加」「LINE UID取得」が実現できるため、他の外部ツールとの併用が可能となります。
事例

5年でLINE経由の売上が4倍に!「ひかりTVショッピング」のLINE公式アカウント活用~運用体制・KPI設計・効果的なメッセージ配信とは?

5年でLINE経由の売上が4倍になった「ひかりTVショッピング」ではLINE公式アカウントをどのように活用されているのか?運用体制やフェーズごとに変化してきたKPI設計、セグメント配信などメッセージ配信活用事例、ID連携を活用した各種施策、今後の注力施策などをご紹介いただきました。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウント・LINE広告を活用するなら知っておきたい正式名称・ロゴ利用ルール

LINEおよびLINE関連サービスのロゴ・アイコンなどを使用する場合(LINE公式アカウント開設の告知バナーなど)は、LINE社の定めるガイドラインを遵守する必要があります。特に見落としやすいポイントを中心に、LINEのビジネス活用するなら知っておきたい正式名称・使用ルールを紹介します。
事例

LINE社が語る!LINE公式アカウント活用のためのID連携とLINEログイン~「NTTぷらら&LINEに学ぶ、”お客様の心をつかむ”メッセージ配信の極意」セミナーレポート前編

本セミナーレポート(前編)では、LINE株式会社熊田様によるセッション「第一部 LINE最新トレンドとID連携の仕組みをおさらい」をご紹介。LINEログインで有効友だち数が約16倍になった事例や、デジタル会員証とセグメント配信でEC売上が5倍以上になった事例も交えながらご紹介いただきました。
課題解決

Messaging APIチャネルと外部ツールを連携する方法

Messaging APIチャネルを有効化し外部ツールと連携する方法やつまづきがちなポイントの解消法について解説します。LINE公式アカウントのオプション機能であるMessaging APIの利用で、セグメント配信やリッチメニューの出し分けなど、より柔軟なコミュニケーションができるようになります。
タイトルとURLをコピーしました