川井悠高

LINE活用の基礎知識

LINEログインやLINEミニアプリのリリース前の動作確認・検証に必要なLINE Developersのアカウントと権限

LINEログインやLINEミニアプリなどLINE API開発を伴う実装後、リリース前に動作確認・検証をするためには、LINE Developersに開発者アカウントを作成し、検証用の権限を付与する必要があります。LINE Developers開発者用アカウントの作成から権限付与の仕方まで手順を解説します。
LINE活用の基礎知識

非エンジニアが知っておきたいLINE公式アカウントのWebhook、Webhook URLとは?

「ユーザーが友だち追加した」などのLINE公式アカウントにイベントが発生すると、自動で通知をしてくれるしくみがWebhookです!本記事では「Webhookでできることは?」「外部ツールとどう連携するのか?」「使う場合の注意点は?」などを中心にそのしくみを詳しく解説していきます!
Shopify連携

Shopifyの顧客管理で「閲覧履歴・メタフィールドの誕生日・作成したアプリ」が参照可能に!LINE配信にも活用できるShopifyのアップデート情報

Shopifyの顧客セグメンテーション機能アップデートで新たに追加された関数「記念日 anniversary(date:) 」「コレクション / 商品が表示されました storefront.EVENT()」「アプリIDで作成されました created_by_app_id」の紹介と、作成した絞り込み(お客様セグメント)をメルマガやLINE配信の宛先として使う方法を解説します。
Shopify連携

メルマガやLINEの出しわけに使える「Shopifyの顧客セグメンテーション・お客様セグメント」を理解しよう

Shopifyの顧客セグメンテーション(お客様セグメント)とは、過去の購入履歴などの顧客情報をもとに、条件に合致する顧客の群を動的に作成できる機能です。本記事では、具体的なセグメント条件の作り方からよく使うセグメント例のほか、作成したセグメントをメルマガやLINE配信の宛先として指定する方法もご紹介します!
Shopify連携

【Shopify Flow活用】タグ付与トリガーでGoogle Sheetsに顧客情報を出力する方法

Shopify Flowに新しいトリガー「Customer tags added」が追加されました!Shopify Flowと顧客タグ付与トリガーを使って、Shopifyの顧客情報をGoogle Sheetsにエクスポートする具体的な手順をご紹介します。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】Matrixifyを使わずにShopifyメタフィールドなどの顧客情報をエクスポートする方法

無料でShopify上の顧客データをエクスポートする方法を、実際の手順画面付きで解説します。ワークフローの自動化Shopifyアプリ「Shopify Flow」と、オンラインでスプレッドシートを作成・編集できる「Google Sheet」を利用します。本記事では、「メタフィールドに保存しているLINE IDを抽出する場合」を例にとって解説しています。
Shopify連携

【Shopify Flow活用】ID連携ユーザーにポイントを付与しLINEで通知する方法(前編)

LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」とポイント管理アプリ「どこポイ」を連携し、LINE連携ユーザーへのポイント付与~LINEで通知するまでのワークフローの作成手順を解説。LINE通知の際のFlexメッセージのテンプレートも公開します。
課題解決

Messaging APIチャネルと外部ツールを連携する方法

Messaging APIチャネルを有効化し外部ツールと連携する方法やつまづきがちなポイントの解消法について解説します。LINE公式アカウントのオプション機能であるMessaging APIの利用で、セグメント配信やリッチメニューの出し分けなど、より柔軟なコミュニケーションができるようになります。
タイトルとURLをコピーしました