リッチメニュー

課題解決

Messaging APIチャネルと外部ツールを連携する方法

Messaging APIチャネルを有効化し外部ツールと連携する方法やつまづきがちなポイントの解消法について解説します。LINE公式アカウントのオプション機能であるMessaging APIの利用で、セグメント配信やリッチメニューの出し分けなど、より柔軟なコミュニケーションができるようになります。
LINE活用の基礎知識

LINE(リンクやリッチメニュー)から外部ブラウザを開かせる3つの方法

LINE公式アカウントのメッセージ内のリンクやリッチメニューのリンクから、外部ブラウザを開く3つの方法を紹介。さらに目的に応じ適切な使い分けができるようアプリ内ブラウザと外部ブラウザのそれぞれのメリット・デメリットを解説します。
Shopify連携

月商別で考える Shopify×LINEでできる売上アップのための打ち手

ShopifyとLINEを連携できると打ち出すアプリが増えてきましたね。マーチャントの皆さんが実現したいことは様々だと思いますが、我々が今まで500アカウント以上のLINE公式アカウントを近くで見てきたかぎり、LINE公式アカウン...
2022.05.26
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントのリッチメニュー、基本機能から属性にあわせた出し分けまで一挙解説

リッチメニューとは、トーク画面下部に固定表示される画像メニューのことで、自社ECサイトや登録ページへの誘導、会員カード表示、ID連携など様々な用途で活用されています。その具体的活用例や設置方法、よく使われているリッチメニュー構成などもご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました