セグメント配信

LINE活用の基礎知識

APIを利用してリッチメニューを個別配信する方法~PostmanによるAPI実行も解説

ソーシャルPLUSのリッチメニューAPIの活用で、自社会員データベース内のユーザーの属性情報や行動履歴などのデータにあわせたリッチメニューの個別配信が可能です。リッチメニューAPIでどんなことができるのか、メリット・デメリット、API実行ツール「Postman」を利用したリッチメニューの配信方法をご紹介します。
LINE活用の基礎知識

LINE公式アカウントの効果をGoogle Analyticsで計測する方法

LINEの効果を計測する方法として、LINE Official Account Managerの分析機能とGoogle Analyticsでの計測方法を解説します。Google Analyticsでは流入経路やセッション時間、直帰率、CVや売上金額など、より詳細の計測が可能です。
2022.09.05
LINE活用の基礎知識

売上UPに効く!タブ化や出し分けなどリッチメニュー有効活用法

リッチメニューは無料で利用できる上、カスタマイズ性が高く、上手く活用することで売上増につながる施策の一つです。効果的な設置方法や、タブ型リッチメニューでタップ領域を増やしたり、ユーザー属性にあわせたリッチメニューの出し分けなど、リッチメニューの有効活用方法を紹介します。
2022.09.05
事例

5年でLINE経由の売上が4倍に!「ひかりTVショッピング」のLINE公式アカウント活用~運用体制・KPI設計・効果的なメッセージ配信とは?

5年でLINE経由の売上が4倍になった「ひかりTVショッピング」ではLINE公式アカウントをどのように活用されているのか?運用体制やフェーズごとに変化してきたKPI設計、セグメント配信などメッセージ配信活用事例、ID連携を活用した各種施策、今後の注力施策などをご紹介いただきました。
2022.09.05
課題解決

Messaging APIチャネルと外部ツールを連携する方法

Messaging APIチャネルを有効化し外部ツールと連携する方法やつまづきがちなポイントの解消法について解説します。LINE公式アカウントのオプション機能であるMessaging APIの利用で、セグメント配信やリッチメニューの出し分けなど、より柔軟なコミュニケーションができるようになります。
2022.07.14
Shopify連携

ShopifyでのLINE配信、「顧客タグ」をどう使う?タグの自動付与の方法は?【ここが知りたい!Shopify-LINE連携シリーズ】

Shopifyの「顧客タグ」で「誰に配信するのか」を指定し、LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」でLINEメッセージの配信ができます。配信手順や、タグの管理方法・自動化におすすめのアプリ「Easy Tagging」についても解説します。
Shopify連携

セグメント配信、LINE公式アカウントだけでやるのとツール使うのでは何が違うの?【ここが知りたい!Shopify-LINE連携シリーズ】

Shopify-LINE連携に興味はあるけれど、具体的に何ができるのか?LINE関連のマーケティングツールは使ったことあるけど、Shopifyだとどうすればいいの?という疑問にお答えします!LINE公式アカウントだけで実現する場合との違いも紹介。
Shopify連携

Shopify Flowとは?CRM PLUS on LINEでのメッセージ配信自動化事例

Shopify Flowで作成したワークフローの具体例や、LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」が提供するトリガーであるソーシャルログインの連携などについて解説します。また、要望の多いワークフローの実現例などもご紹介します。
2022.06.27
Shopify連携

月商別で考える Shopify×LINEでできる売上アップのための打ち手

LINE公式アカウントの活用度合いや月商規模の異なる3つのフェーズ毎(接客重視・メルマガ以外でも売上を増やしたい・リピーターを増やしたい)に、ShopifyとLINE公式アカウント、CRM PLUS on LINEを組み合わせることで何ができるかをまとめました。
LINE活用の基礎知識

LINEのID連携でCRM施策!ユーザー体験向上に繋がるID連携の活用事例と、効果的な導入方法とは?

LINEのID連携とは、LINEのIDと自社サービスの会員IDを紐づけることです。この記事では、ID連携しての配信と通常の一斉配信との違いや、LINE連携によって売上アップやコスト削減等に繋がった具体的な事例、LINE連携を進める基本ステップなどを解説します。
タイトルとURLをコピーしました